トラックの免許は何種類あるか知ってる?

トラックは普通自動車免許で運転できる?

トラック

本題に入る前に、日本の運転免許制度をおさらいしておきましょう。

日本の運転免許には3種類あります。乗用車やトラック、オートバイを運転できる「第1種自動車免許」、タクシーやバスなど乗客を運ぶ車両を運転できる「第2種運転免許」、そして第1種運転免許の取得を目ざす人が路上で運転を練習する時に必要な「仮免許」です。この記事では、おもに第1種自動車運転免許についてお話します。

第1種運転免許には、さらに運転する車両の重量や定員、最大積載量により普通、準中型、中型、大型にわかれます。聞きなれない準中型免許は2017年3月12日より施行されたばかりの、新しい車両区分に対応した運転免許です。準中型という車両区分を創設したことで、小型車の内容が従来のものとは変更になりました。

準中型免許とは?

免許証

準中型免許で運転できるのは、車両総重量が7.5t未満、最大積載量4.5t未満、乗車定員10人以下の車両です。

準中型車の創設により、普通免許で運転できるのは、車両総重量が5tから3.5t未満、最大積載量3tから2t未満、乗車定員10人以下へと変更されました。従来、中型(8t限定:H19年改定前普通免許を取得)と中型にわかれていた免許区分を、準中型(5t限定)、準中型、中型(8t限定)、中型に再編したわけです。

免許の取得に関して、以前は中型免許は普通免許取得後2年以上経過した20歳以上のドライバーでなければ取得できなかったのですが、準中型は18歳から取得できます。自動車運転免許を取得し、建設や物流などに従事したいのであれば、準中型免許の取得がおすすめです。

では、どの免許でどんな車両を運転できるのか、あらためて整理してみましょう。

次ページ各運転免許証で運転できるトラック

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives