助手席でダッシュボード上に足をのせる行為…道路交通法上問題ないの?

ダッシュボード上に足をのせたい。これって違反?

ダッシュボード 足あげ

助手席でダッシュボードに足をのせてみると、足のダルさが解消され、意外と気持ちがいいものですよね。しかし、自動車は正しい姿勢でシートに座るもの。重大事故が発生した場合の被害を最小限に防ぐためです。

そういった意味では、ダッシュボードへの足上げ姿勢は、重大事故時の被害を最小限に防ぐことはなく、反対に最大限に被害を高めかねません。このような危険な姿勢で助手席に乗車しても道路交通法は適用されないのでしょうか。

道路交通法は、車両の運転者に安全で円滑な交通を求める法律であり、運転者以外の乗員を罰する規定がそもそもないので、処罰されることはありません。

しかし、乗員を管理し正しく搭乗させる責任を持つ運転者には、いくつかの罰則が課せられる恐れがあります。どのような交通違反が想定できるのでしょうか?

想定される運転者に問われる交通違反

警察官

まず考えられるのは、安全運転義務違反です。

助手席の乗員がダッシュボードに足を上げるということは、足が左側ドアミラー視認の障害になり得ます。運転者が安全運転できる環境ではありませんね。違反点数は2点、反則金は9,000円です。

次に座席ベルト装着義務違反です。

助手席乗員がダッシュボードに足を上げることが可能な姿勢は、シートに浅く腰をかけている状態。それではシートベルトが正しく装着されません。乗員にシートベルト着用を十分に促せていないとして、運転者の責任になります。違反点数は1です。

また左側ドアミラーの確認が十分に確保できない点で、場合によっては歩行者側方安全間隔不保持等に問われる可能性もあります。違反警告で済んでいるうちに、助手席乗員には姿勢を正すよう注意しましょう。もし事故を起こしてしまったら、歩行者の人生が台無しになる可能性があります。

次ページダッシュボード足上げ姿勢ではどのような被害が想定できる?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives