なぜパトランプはブーメラン型なのか?そもそもパトランプは正式名称じゃない?

ブーメラン型パトランプを採用する理由

パトカー ブーメラン型パトランプ

ブーメラン型のパトランプが採用になったのは1996年のこと。採用理由は、全方向から視認できるようにするためです。

単純な丸形や棒型のパトランプの場合、見る角度や気象条件によって、それがパトランプであると認識できないことがあったため、ブーメラン型が採用されるようになりました。

全方向どこから見ても赤色灯の点滅を確認でき、緊急車両が走行していると認識してもらいやすいという利点から、ブーメラン型のパトランプが主流となりました。

現在配備されている自ら隊や交機隊などのほとんどパトカーが、ブーメラン型のパトランプを装備しています。ちなみに、正しい商品名は「V字型 散光式警光灯」、通称エアロブーメランと呼ばれています。

パトカーの種類によるパトランプの違い

パトカー パトランプ

パトカーに装備されているブーメラン型のパトライトをよく見ると、2種類のタイプがあることに気づくと思います。ひとつは、各都道府県内全域のパトロールを行う自動車警ら隊のパトカーに採用されている昇降機付き散光式警光灯。

これは、文字通り昇降機が付いたパトランプです。高い位置に上げることで、周囲からより見やすくすることで、見通しの悪いところや、事故が起きた時など、後続を含む周辺車両から認識しやすくし、二次被害を減らすことがおもな目的となっています。

また、通常時でもかさ上げされているので、通常の警ら時にパトカーとして認識されやすくなるというメリットがあります。存在を明らかにすることによって、犯罪や交通違反の抑止をすることも必要な自動車警ら隊のパトカーに適した装備と言えますね。

覆面パトカー スピード違反

一方、交通機動隊のパトカーに装備されるパトランプには、昇降機が付きません。

交通機動隊は、幹線道路や高速道路における、交通違反の抑止や、事故への対応、また悪天候時などにおける道路の規制などの業務がメインです。

また、その名の通り機動力が重要。昇降機は便利な装備ですが、当然ながら重量が増してしまいます。そういった事情から、機動性重視の交通機動隊では、昇降機は付けないのが一般的です。

なお、スピード計測のための機械が付いているのも、交通機動隊です。

では、このランプ、なぜパトランプと呼ばれているのでしょうか?

次ページなぜパトランプと呼ばれているのか

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事