寒い地域で車がパワーアップするというのは本当?

エンジンはどうやってパワー(出力)を発生させるのか

ポルシェ 911 ターボS

当たり前のことですが、車が動く動力はエンジンです。エンジンは、空気と燃料が混ざった混合気をシリンダー内で圧縮し、スパークプラグで点火・爆発させ、このエネルギーを動力に変換しています。

高出力が求められるエンジンは、排気量を拡大したり、圧縮比や最大回転数を引き上げるなどをして高出力化を押し進めます。

では、ハイパワーを実現するため、エンジン以外の要素を検討してみましょう。

エンジン以外の要素

最初に述べた通りエンジンの出力は、シリンダー内で起こる爆発と密接に関連しています。単純に言ってしまえば、同じ排気量・レイアウトであれば、爆発力が強いほどエンジンはハイパワーとなります。

この爆発力を高めるためには、エンジンを高圧縮にすれば良く、そのためにはシリンダー内により多くの混合気を取り入れる必要がありますが、自然吸気エンジンの場合、シリンダーが取り入れる空気の量には限界があり、またノッキングなどの問題も発生します。

それを解決するために生み出された装置が、ターボやスーパーチャージャーという、いわゆる過給器と呼ばれる装置なのです。

では、エンジンパワーは気温によって変化するのでしょうか?

次ページエンジン出力を変化させるものは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives