不便?憧れる?「左ハンドル車」のメリット・デメリット

左ハンドルのデメリット

駐車場 料金 支払い

運転しにくい

言わずもがなですが、日本は左側通行です。右ハンドル車であれば、センターラインの近くにドライバーの身体があるので、道路をバランスよく見渡せます。

一方、左ハンドル車は道路の左端からの視野になるので、右折時や追い越し時などで、前走車が壁になり対向車が見にくかったり、高速道路の合流など注意して運転する必要があります。

チケットが取りにくい

多くの駐車場や有料道路の発券機は、右ハンドルを前提に作られています。

左ハンドルだと、一度車を降りて取りに行くか、助手席の人に取ってもらうなどしないといけません。後ろが混んでいる時は、特に気まずいですよね。

また、ドライブスルーも多くは右ハンドル車に対応した作り。メニューは大声で言わなければなりませんし、商品の受け取りも大変ですね。

路上駐車時に降りにくい

路上で駐車したときに、塀やガードレールなどが道路脇にあると、ドアを開けることが出来ず、降りにくいことがあります。かといって、ドアが開閉できるように停めると、今度は自分の車だけが列からはみ出して迷惑になります。

どうしても降りられない場合は、助手席側から降りる場合もあります。


では反対に、左ハンドルのメリットはなんでしょうか?

次ページ左ハンドルのメリットは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事