最高額5,000万円超え!? いま買える高額な車トップ5〜輸入車編〜

3位 ロールス・ロイス ドーン ブラック・バッジ / 4,370万円

ロールス・ロイス ドーン ブラック・バッジ

高級車の王様とも言われるロールス・ロイス。すべてのモデルが高額で並大抵の価格で購入することはできません。

特別仕様のブラック・バッジは、ベースモデルをブラックアウトしさらに高級感を高めた特別仕様車です。漆黒のボディは、手作業で鏡面に仕上げるなど非常に手間がかかっています。

もちろん、外観との調和をとるためにインテリアもブラックに仕上げられています。人生に一度くらい運転手つきのロールス・ロイスで優雅に寛ぎたいものですね。

2位 ランボルギーニ アヴェンタドールS ロードスター / 4,996万9,107円

ランボルギーニ アヴェンタドールS ロードスター

アヴェンタドールは、ランボルギーニのトップモデルとして日本でもよく知られているモデルです。2011年にムルシエラゴの後継者として登場しました。

エンジンは6.5LのV型12気筒自然吸気エンジンで、最高出力は544kW(740ps)/8,400rpm、最大トルクは690Nm/5,500rp。0-100km/h加速は3.0秒と世界一の高級車の名に恥じないスペックを持っています。

2015年に600台限定で生産されたLP750-4 Superveloce(ロードスター)は、52,389,883円とさらに高額になります。

1位 ロールス・ロイス ファントム / 5,167万円

ロールス・ロイス ファントム

ロールス・ロイス ファントムといえば、イギリスの超高級車(現在はBMW傘下)。同時に世界一高価な車でもあります。ちなみに、ファントムの名称は、「幽霊のように存在感を感じさせないエンジン、乗り心地」に由来しているといいます。

ボディサイズは、全長5,840mm×全幅1,990mm×全高1,655mm、車両重量は2.6tという圧倒的な存在感を誇ります。

それにもかかわらず、最高出力338kW(460ps)/5,350rpm、最大トルク720Nm(73.4kgm)/3,500rpmを発揮する6.8L V12エンジンを搭載し、5.9秒で大型のボディを100km/hまで加速させるという俊足の持ち主です。

このファントムは、2017年で生産が終了し、2018年には、さらなる高出力エンジンを搭載するニューファントムが投入される予定です。

高級車と言えば約3億円のブガッティ・シロンも話題となりましたが、500台の限定生産という点から今回は対象外としました。

フロントグリルや観音扉など…ファントムに隠されたエレガントなデザインの特徴

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives