昭和はプレリュード、シルビア…平成は?国産モテ車の今と昔

昭和のモテ車は「クールなスポーツカー」

女の子をデートに誘うには車が欠かせなかったあの時代。当時、「デートカー」と呼ばれるスタイリッシュなスポーツクーペがモテ車として若者を中心に大ヒットしました。

昭和のモテ車は、洗練されたデザイン、デートにぴったりな雰囲気の良さがポイントです。

ホンダ プレリュード

デートカーの代表車、ホンダのプレリュード!1987年にデビューした3代目は、先代から引き継いだ2ドアクーペならではのクールなスタイリングが、モテ車としての風格を漂わせます。当時人気だったリトラクタブルヘッドライトを採用している点も、ポイントが高いですね。

また、デザインだけでなく、世界で初めて4WSを採用したことで話題になりました。女子だけでなく、男子の心もしっかり掴んでくれるデートカーです。

日産 シルビア

プレリュードに次ぐデートカーが、日産 シルビアです。1988年に登場した5代目は、キャッチコピーの「アートフォース・シルビア」の通り、滑らかなデザインが美しく、プレリュードほど軟派なイメージではなかったことが人気の要因でした。

この5代目シルビアは、FF全盛のなかであえてFRの駆動方式を採用。走りを追求する若者の間でも大ヒット!さらにツインカムターボを搭載しているため、ドリフト車としても人気になりました。

トヨタ ソアラ

トヨタ ソアラ 2代目 3.0 GT エアロキャビン

バブルが生んだ高級車の代表でもある2代目ソアラ。プレリュードやシルビアより大人向けの知性を感じるデザインで、2ドアスポーツクーペというヒエラルキーの頂点に位置していました。

価格も安くはありませんでしたが、ハイソカーのソアラは大人気になりました。当時は「ソアラに乗っていればモテる」「女子大生ホイホイ」なんて言われていましたね。男子にとって憧れの車でした。


では、現在の平成のモテ車はどんな車でしょうか?

次ページ平成のモテ車は「スマートで実用的」なクルマ!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives