セダンにリアワイパーが少ない理由とは?

リアワイパーって何のためにあるの?

トヨタ ノア

リアワイパーとは、リアウインドウについているワイパーのことです。

雨や雪など悪天候や高速などの走行時、おもにガラスに付いた汚れや水滴が後方視界を阻害しているときに使います。

後方の視界確保といえば、バックカメラ(リアビューモニターなど)を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、バックカメラはR(リバース)にシフトレバーを入れたときに自動的に作動するようになっているタイプが大半です。

そのため、車庫入れや駐車場でバックする際などでの安全確認にしか使うことができません。走行中の後方確認では、リアワイパーが活躍します。

どんな車についている?

トヨタ C-HR 2016

ミニバンやワンボックス、ステーションワゴン、ハッチバックなど、トランクがなくて座席スペースとラゲッジルームがつながっている車、リアハッチやバックドアがついている車にはリアワイパーが装備されています。(廉価グレードにはついてない場合もあり)

次ページセダンに少ない理由は?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives