1990年前後に日本に誕生した、3ナンバー専用モデル5選

日産 シーマ(FPY31)

日産 シーマ Y31

1988年にトヨタ クラウンに用意された3ナンバーモデルの対抗車として登場した日産 シーマ。初代はシーマという単一車種ではなく、セドリック、グロリアの上級車という位置付けで、車名もセドリック シーマ、グロリア シーマでした。

バブル絶頂期にデビューしたシーマは、380~510万円という高級車であったにもかかわらず、デビューされるやいなや1年間で36,400台も販売。高額商品が消費される当時の様子が、”シーマ現象”という言葉で表現されました。

初代シーマは、4ドアピラーレスハードトップのボディにV6 3.0Lで200psと255psの2種類のエンジンが搭載されました。

バブル期を象徴する名車 シーマ|一大旋風を起こしたシーマ現象とは何だったのか?

三菱 ディアマンテ

三菱 ディアマンテ 初代

1990年にギャラン シグマ、エテルナ シグマ ハードトップの後継車として発売されました。

ディアマンテは、当時のこのクラスとしては珍しいFFの駆動方式で、4WDの設定もありました。また、マルチビジョンや三菱インテリジェントコックピットシステム、電子制御サスペンションに4WSなど、当時の最先端の装備が採用され、エンジンは3.0L、2.5L、2.0Lの3種類のV6エンジンが搭載されました。

1991年には、日本カー・オブ・ザ・イヤーも獲得しています。

ディアマンテやヴィヴィオ等…今なら30万円以下で買えるレアな名車5選!

日産フェアレディZ(Z32)

フェアレディZ 4代目 Z32

1969年の初代発売から20年が経過した1989年に登場した4代目フェアレディZが、Z32型です。

デザインは、3代目までのロングノーズ・ショートデッキから、全幅1,790m(1,800mm)×全高1,250mm(1255mm)のワイド&ローな現代スポーツカーのイメージに変更され、V6 3.0Lのエンジンが搭載されました。※()は2by2

2シーターと後部座席のある2by2が用意され、ホイールベースおよび全長は、それぞれ異なる設定でした。ボディタイプは、当初はクーペとTバールーフ。後にコンバーチブルも設定されています。

同時期に発売されたトヨタスープラや三菱GTO等とともに、当時の若者たちの憧れのスポーツカーでした。

S30型、Z31型、Z32型…フェアレディZの進化!次期型はどうなる?

ホンダ レジェンド(2代目)

ホンダ レジェンド 1991

ホンダ レジェンドは、アメリカで展開していた高級ブランド”アキュラ”の専用車種として1985年に登場。当初より3ナンバーボディでした。

その2代目は、上質な走りと優れた運動性能、安全性能を売りにホンダのフラッグシップとして1990年に登場し、エンジンは3.2LのV6を縦置きに搭載したFFミッドシップというエンジンレイアウトとされていました。

安全装備には、日本車初のシートベルトプリテンショナーや助手席用SRSエアバッグシステムが採用され、上級車にはトラクションコントロールまで装備されています。

ターゲットは「裕福な中高年層」のホンダ レジェンド、どのモデルが人気?

マツダ アンフィニ RX-7(FD3S)

マツダ アンフィニ RX-7(FD3S)

3代目RX-7は、1991年に当時のマツダの5チャンネル戦略のうちの1チャンネルであったアンフィニブランドから発売されました。

エンジンは、255psを発揮するシーケンシャルツインターボの13B型ロータリーエンジンが搭載され、初期型でもパワーウェイトレシオは5kg/psを切るというピュアスポーツカーと呼ぶに相応しい車でした。また、前後重量配分も50:50と理想的です。

走り屋が主人公の人気アニメ等でも頻繁に登場し、現在でも走行距離が少なく程度のいい極上中古車は、新車当時価格以上のプレミアム価格で取引されたりすることもあります。

10年、20年後も、"RX-7やスープラはよかった"と車好きは語るのか?


40~50歳代の方々には、非常に印象に残っている車が多いのではないでしょうか?

1990年前後のバブル期には、安いとはいえないこんな車たちが売れに売れていたのですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事