なぜ軽自動車のナンバーは黄色なのか?

軽自動車は黄色いボディカラーが人気?

車のボディカラーに合わせにくい!黄色が目立っていや!という不満の声も多いようですが、だからこそ黄色が目立つ=ナンバープレートに使われるということになります。

1991年に発売されたホンダビートは、鮮やかな黄色いボディカラーがイメージ色でした。そして、イメージカラーという理由に加え、ボディが黄色だと軽の黄色ナンバーが目立たない、ボディ色にマッチするという理由で、ビートは黄色に人気が集中しました。では同じホンダのS660はどうでしょう?

ホンダ S660

S660にも黄色いボディカラーの設定がありますが、事前の受注では圧倒的にイメージカラーである白が約6割で黄色はわずか15%でした。

ボディカラーに黄色を選ぶ人が減ったということは、軽自動車に劣等感を感じる人が減っているのではないかと推察できます。確かに、昔の軽に比べると現代の軽はボディサイズも排気量もアップして装備も充実、室内も広くて使いやすくなっています。

軽=しょぼい、イメージはずいぶんと解消されてきているように思います。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives