ガーメントバックやサイドミラーワイパーなど...いまはなき機能・装備6選

三角窓

日産 プレジデント 三角窓

三角窓は、Aピラーに装備された開閉式の窓のことです。開く角度によって空気の入れ替えを可能としており、エアコンが普及していなかった時代には大変重宝したものです。

カーエアコンの普及に加え、デザインの変化や、三角窓の窓枠が車外に突出することによる危険性が指摘され、1970年代の終わりにはほぼ見ることがなくなりました。

ところが、皮肉なことに1980年代以降、三角窓が復活します。それらは、デザインの変化によってサイドウインドウ部分が大きくなったことが原因で、ドアパネルに収納できないほどになったガラスを小さくするために採用されたものです。

地図帳は必須アイテム!三角窓、匂い玉…懐かしい昭和の車あるある10選!

フェンダーミラー

日産 スカイライン C10

現在もタクシーやハイヤー向けに設定がありますが、1983年に規制が撤廃されてドアミラーの装備が許可されてから、フェンダーミラーは一気に減少しました。ちなみに、最初にドアミラーを標準装備したのは、日産 パルサーエクサでした。

タクシーは現在もフェンダーミラーが主流ですが、その理由のひとつに、お客さんが助手席に座った場合、ドアミラーだと確認しづらいということがあります。お客さんに「見えないのでちょっと後ろに下がって」なんてことは言えませんしね。

フェンダーミラーからドアミラー、ミラーレスへ…。サイドミラーの変化まとめ

速度警告音

キンコン

1980年代後半までに生産された国産車には、速度警告の装備がついていました。

100km/hを超えると「キンコン~キンコン~♪」と鳴るあの音です。当時は、警告音が鳴らないと車検も通らないという装備でしたが、1986年の規制撤廃以降は装備する車も減少し、気づけば装備している車種が消滅していました。

スピードの出しすぎで鳴る「キンコン」という音はなぜ無くなったのか?

セラミックヒーター付クイックハンドウォーマー

クイックハンドウォーマー

1984年に発売されたマークⅡ/クレスタに付いていた装備です。

ハンドルポスト埋め込みのセラミックヒーターで、手がかじかむような寒い朝、暖機をせずともエンジンを掛けてすぐに手を温めることのできる秀逸な装備でした。

フェンダーミラーワイパー/サイドウィンドウワイパー

サイドミラーワイパー

サイドミラーが水滴で見にくいときに活躍するのが、サイドミラーワイパーです。80年代の高級車に装備されていました。

また、ミラー本体ではなく、サイドウインドウの水滴を払いサイドミラーを見えやすくするために装備されたものが、サイドウィンドウワイパー。装備が多くなることや、ガラス撥水剤の進化などもあって、廃れて行きました。

ガーメントバッグ

ガーメントバッグ

1993年発売のマツダ ランティスのラゲッジルームにセットされていた装備です。ガーメントとは衣類のこと。トノカバーの下(裏側)にあり、スーツや制服などをしわにならないよう収納できる便利なものでした。

20数年前、筆者が初めて買った車には警告音がまだ装備されていました。高速道路で単調な音を聞いていると、眠くなった記憶があります。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives