NSX、MR2、ビートなど...個性豊かな日本のMRスポーツ5選

日本製ミッドシップスーパーカーの代表格「ホンダ NSX」

ホンダ NSX 初代

1990年9月の発売と同時に注文が相次いだホンダ NSX。後期型は数が少なく、非常に高値で取引されています。

初代NSXの存在は、アメリカでも人気のあったスポーツカーであり、日本の中古車市場の価格は、高値安定傾向が続いています。発売から20年以上経過した現在でも、国内外問わずオーナーになることに憧れている人が多いのです。

新型の復活に関しては、熱望していたファンも非常に多く、近年の日本製スポーツカーにおけるビックニュースとなっています。

和製MRスポーツの出発点「トヨタ MR2」

トヨタ MR2 初代

初代MR2(AW10、AW11)は、FF用コンポーネントを利用したMR車として1984年に登場。そのクイックさと限界域における独特の挙動は、スポーツカードライバー達に衝撃を与えました。

初代は、エンジンのスーパーチャージャー追加など、進化を遂げながら1989年に2代目MR2(SW20)がデビューするまで販売されました。このSW20のⅢ型では、最高出力245psのエンジンを搭載。名実ともにスポーツモデルへと成長します。

次期モデルは、コンセプトをライトウェイトスポーツへとシフトしたMR-Sですが、2007年に生産が終了し、トヨタからスポーツカーのラインナップが消失してしまいました。

そこで途絶えてしまったトヨタMRスポーツ、今後の復活はあるのでしょうか?

エンジンを回し切って楽しめる「ホンダ ビート」

ホンダ ビート

直列3気筒SOHCを横置きMRで配置した初代ビート。

ミドのMTREC自然吸気エンジンの最高出力は64psを達成。軽自動車でNAの快感を楽しめ、街中でも元気よく回るエンジンを堪能できました。

現在は、後継モデルにあたるS660が発売されています。

次ページ光岡やマツダにはあの車が…!

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives