LED、HID、ハロゲン...ヘッドライトの光源の種類と違いは?

次のヘッドランプはレザービーム?

LEDの次の技術として注目されているのが、レーザーライトです。レーザーライトはレーザーダイオードを光源とするもので、すでに採用を開始しているBMWの発表によれば、大きさは通常のLEDの1/10ながら照射範囲はLEDの約2倍。BMWのハイビームでは、LEDが約300mであるのに対し、最大600mとなっています。

また高効率といわれるLEDよりも30%も優れたエネルギー効率も特徴。BMWでは、i8や7シリーズのハイビームに利用しています。

ハロゲン、HID、LED...それぞれにメリット・デメリットがありますが、自動車のヘッドライトは、明るいほど夜間の視認性もアップします。しかし、同じ車種であっても車格でヘッドランプを変えているモデルもあります。

危険回避や交通事故の減少に大きく貢献するパーツだけに、クルマ購入の際には吟味したいものですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives