年末年始の帰省ラッシュ!NEXCOが発表した高速道路の渋滞予想は?[2017-2018]

年末年始混雑が予想されるのは?

関越自動車道 高速道路

日本の高速道路を管理する各NEXCOと日本道路交通情報センターが、とりまとめた年末年始期間(2017年12月28日から2018年1月4日まで)の予測では、1月2日と3日に渋滞が多く発生するそうです。とくに2日は10km以上の渋滞が多く発生すると予測されており、渋滞を避けた利用を呼びかけています。

なかでも東名高速道路の大和トンネル付近と伊勢原バス停付近、東北自動車道の加須IC付近、関越自動車道の高坂SA付近は30km以上の渋滞が予測されています。それでは渋滞日時や長さを見ていきましょう。

混雑するルートと日時は?

高速道路 料金所

上記の混雑するポイントを日時を追って見ていきましょう。

まず年内の規制が集中すると思われる12月30日(土)。東名高速道路の下り線伊勢原バス停付近で8時ごろをピークに30kmほど。

翌1月1日(月)は、東名高速道路の上り線大和トンネル付近で、16時ごろをピークに30km。1月2日(火)14時ごろに35km。さらに1月3日(水)13時ごろに30kmの渋滞が予測されています。

また1月2日(火)は、東北自動車道の上り線加須IC付近の17時ごろに35km。関越自動車道上り線高坂SA付近でも、17時ごろに35kmの渋滞が予想されています。

他の区間に関してはこちらのサイトからご確認いただけます。

できればスムーズに走行したい高速道路ですが、渋滞の回避方法はあるのでしょうか?

次ページ渋滞の回避方法は?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives