無断駐車罰金◯万円…なぜ場所によって金額が違うの?払うべきなの?

正しくは罰金ではなく、損害賠償

無断駐車

はじめに大前提として、駐車場は私有地なので、道路交通法は適用されません。したがって、無断駐車している車両を警察がレッカー移動することもありません。

また、駐車場の看板に『違法駐車は罰金○万円』と書かれていても、無断駐車したからといって、罰金の支払い義務が生じることもありませんし、提示通りの金額を支払う必要もありません。ましてや、一般人が罰金を科すことはできませんから、法的な拘束力もありません。

とはいえ無断駐車は不法占拠の一種であり、法律的には不法行為(民法709条)にあたり、罰金ではなく損害賠償が請求されることがあります。

無断駐車をしたら、いくら払わなければいけないの?

パーキング

では、損害賠償とはどれぐらいの金額になるのでしょうか?

この場合の損害賠償というのは「無断駐車によって生じた損害」のことで、金額を計算する場合は、近隣の時間制のコインパーキングなどの料金をもとに算出することとなります。

つまり、30分や1時間の無断駐車で数万円の賠償金が発生するようなことは、非常に稀なケースと言えます。

では次に、罰金に続いてよく見られる『無断駐車はレッカー移動し、その代金も請求します』という警告ですが、この場合はどうなのでしょうか?

次ページレッカー代を請求するという場合は?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事