気づいたら細かいキズ多数…見つけたらどうするべき?

クリア面が削れて白っぽいキズになっている場合、どうすべき?

次にそれよりも大きなキズが付いている場合、クリア面が削れて白っぽいキズになっているときは、キズ消しワックスやコンパウンドでキズを消せるかもしれません。

どちらも役割としては似たようなものですが、キズ消しワックスのなかにはシリコンなどでキズを埋めて目立たなくするタイプがあります。キズは埋めるほうが効率的に思えますが、キズのもとを消していないためにある程度は残りますし、時間が経って埋めたものが飛んでしまうこともあります。

やはりおすすめは研磨成分の入ったワックスか、研磨目的のコンパクンドです。部位やキズの深さによって使い分けたほうが良く、深めのキズがつきやすいドアノブ付近などはコンパウンドで積極的に磨くことが効果的です。

全体的にまんべんなくキズを消したい場合は、研磨剤入りのキズ取りワックスが効果的。磨いていくだけで、キズがみるみる消えていきます。製品によっては拭き取り不要というものもありますが、拭き残しに砂がついて新たなキズのもとになったり、あるいは日焼けで塗膜が変色するもとにもなるので、拭き取っておいたほうが無難です。

それでも簡単に消えない、えぐれたようなキズの場合は、タッチアップなど塗装が必要です。そしてさらに消えないキズや、何かにこすってこびりついた塗料などでは、コンパウンドの出番。プチプチを潰すのと一緒で、小キズ消しもかなりクセになります。

気にせず放置するのもひとつの手

読者のなかには、キズそこまで気にしないという方も多くいると思います。新車を買って、すぐにガソリンスタンドの自動洗車機に入れてしまうという方は、あまり神経質では無いのでしょう。

そうした方の場合は、なんとなくヤレていく愛車にわびさびを感じたり、雨が降るたびに新車の輝きを取り戻したように思える愛車を見るという楽しみもありますから、あえて何もしないというのもひとつの方法です。

車も人もそれぞれ、いろいろな接し方があって良いと思います。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事