気づいたら細かいキズ多数…見つけたらどうするべき?

なぜ付くの?ボディの細かいキズ

洗車

ボディにキズが付く原因には、さまざまなものがあります。

イタズラされた場合もあるでしょうし、走行中に小石が飛んできたり、細かい破片を引っ掛けることもあるでしょう。また、小さなキズも気になるくらい、愛車をまめに掃除しているユーザーに一番ありがちなのが「洗車キズ」です。

洗車の手順は、まず水洗いなどで表面についた砂やホコリなどをざっと洗い流してから、柔らかいスポンジでシャンプー洗車、仕上げにワックスやコーティグ剤を塗って、拭き取り&完成となります。

しかし現実は、密閉された屋内でもない限り、小さな砂が洗車中に飛んできますし、それが水分や泡をまとったボディ、スポンジなどに付着するのはよくある話です。

ボディに砂がのった状況でワックスを塗り、さらにウェスで拭き取れば、小キズを自分で付けているようなものです。

浅いキズなら自力で復活も可能!

傷

筆者が10年ほど前に買った2万5千円の中古車は、ルーフを見るとタワシでこすったような無数の深いキズがありました。あまりに深く、クリア面が白く濁るほどで、シルバーの塗装と相まって”ステンレスの流し”状態になっており、もはや再塗装無しに復旧は不可能でした。

とまあ、これは極端な例ですが、そこまでいかなければ復活の見込みはあります。その判断基準を紹介しましょう。

まず、小キズの目立つ塗装面を爪で軽くなぞり、ほとんどひっかからない。また、水をかけると見えなくなる。この程度であれば、表面のクリア層はあまり傷んでいませんから、簡単なケアで復旧可能です。

では、それよりも大きなキズがついている場合はどうすべきでしょうか?

次ページクリア面が削れて白っぽいキズになっている場合、どうすべき?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事