ドリフト車両って、どのような基準で選ばれているの?

意外に必要な積載力

サーキットでドリフトをしようと思えば、ある程度の積載性も求められます。スポーツカーに積載力?と思われるかもしれませんが、なにもリアシートに大人2人が快適に座れるようなスペースが必要なわけではありません。

ドリフトはタイヤに負荷がかかるため、思わぬアクシデントに備えて練習用タイヤを外して、練習場まで持って行くためです。ドリフトは自分の好きな車を選ぶのが一番ですが、オープンカーや2シーターなどよりも、4シーターの部座席を取っ払って使用した方が、利便性は高いです。

その他、必要な条件があるとすれば、コーナリング時も身体をしっかりサポートできるフルバケットシートやドリフト走行に耐えられる足回りの強化でしょうか。このあたりは、後からいくらでも好きな物に変えられますから、購入時にさほど気にすることではありません。

しかし、強化パーツ類などは車種によって価格や種類も異なるので、後々の予算を考慮して、先に調べておいたほうが良いかもしれません。ルールを守って安全にテクニックを磨きましょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事