その数10以上!? VWグループのブランドを全部言えますか?

①フォルクスワーゲン

VW ゴルフ 2017

フォルクスワーゲン(準備会社)の設立は、1937年。ヒトラーの提唱した国民車kdfワーゲンを生産するためでした。しかし、ナチスドイツが第2次世界大戦に突入したことで、計画は欧州戦争が終結するまで頓挫します。

その後、戦争が終結すると管理していたイギリス軍によって工場が再開。1945年にフォルクスワーゲン社があらためて設立され、kdfワーゲンはフォルクスワーゲン タイプ1として生産されることになります。

もともとはドイツの大衆車を目指していた会社ですが、現在では世界の大衆車になっています。

フォルクスワーゲン ゴルフ

②アウディ

アウディ A4 2015

少し意外に思えるかもしれませんが、アウディがフォルクスワーゲングループの一員となったのは、1964年のことです。その頃からフォルクスワーゲングループの中〜上級モデルを販売するブランドとして、独自のアイデンティティを保っています。

以前フォルクスワーゲンの会長を務めていたフェルディナント・ピエヒ氏は、アウディのエンジニアでした。

アウディ A4

③セアト

セアト レオン

スペインのカタルーニャに本社を置くセアト。日本では正規輸入や販売を行っていないため、あまり馴染みがないかもしれません。

もともとスペインの自動車メーカーだったセアトは、フォルクスワーゲン傘下となる以前は、イタリアのフィアットと関係が深く、フィアットのモデルをライセンス生産していました。

1983年にフォルクスワーゲングループの完全子会社となり、コンパクトクラスを中心に販売しています。

セアト レオン

④シュコダ

シュコダ オクタビア 2017

こちらも日本人には馴染みの薄いメーカー、シュコダです。チェコの国内自動車生産でトップを誇るメーカーで、設立は1895年と長い歴史を持っています。

フォルクスワーゲングループ傘下となったのは1991年。旧東ヨーロッパ地域で、コンパクトクラスを中心に販売を伸ばしています。

シュコダ オクタビア

⑤ランボルギーニ

ランボルギーニ ウラカン

イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニも、現在はフォルクスワーゲングループのアウディ傘下に所属しています。

アウディ傘下となったのは1999年のことで、それ以降、飛躍的にアップした品質と信頼性はアウディのおかげと言っても過言ではないでしょう。

まもなく市場に投入されるSUV、ウルスの販売にはフォルクスワーゲンの意向が強いのかもしれません。

ランボルギーニ ウラカン

次ページまだまだある!VWグループのブランドたち

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事