「名古屋走り」に「山梨ルール」…地域によって違う運転の特徴

かの有名な「名古屋走り」とは?

名古屋 道路 5車線

愛知県名古屋市は同県にトヨタ本社があるためか、道路も広く整備されており、市街地でも片側3車線が普通です。そんな恵まれた道路事情のもと生まれたのが名古屋走りです。どのような特徴があるか見てきましょう。

黄色まだまだ、赤勝負

名古屋では、黄色でも交差点に突っ込んできて、赤になっても隙あらば通り抜けようとします。ときには、慣れないドライバーが黄色で停止しても、それを避けて交差点に進入します。

言うまでもなく道交法違反ですが、名古屋に行った際、信号停止では気を付けましょう。

スピードオーバー

名古屋の広い道ゆえなのか、とにかくスピードを出したがります。先の信号が黄色になっても加速し続け、間に合わなければ急停車。これを繰り返すのが名古屋走りです。

ウインカーなしで車線変更

隣の車線が空いていれば、ウインカーを出さずに車線変更をします。

隣の車線の後方からくる車が加速したらどうなるのか、ハラハラドキドキものです。名古屋で目の前の車線が空いていたら、前方の車両の車線変更に注意しましょう。

車線またぎ

車線またぎも名古屋走りの定番といわれます。車線をまたぐことで、左右どちらにも割り込むことができ、非常に便利で合理的な走り方なのだとか。もちろん、走行区分違反です。

名古屋走りの特徴は他にも…

名古屋走りの特徴は、他にも右折フェイント、右折早曲がり、右折中追い越し、4輪尊重歩行者軽視、交差点内での駐車、車間距離が1台分あればすぐに割り込むなど。まさに道交法違反のデパートと言えます。

名古屋を走る際は、先日来日したトランプ大統領が乗っていたビーストのような車に乗りたいものです。


さて、名古屋市と中央高速道で接続された長野県松本市や、兵庫県の播磨地方、愛媛県の伊予市にも、独特な交通マナーが存在します。どのような走りなのでしょうか?

次ページ城下町・松本で生まれた「松本走り」とは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事