ブレーキの「キーキー音」が鳴り出したら交換時!? ブレーキの交換サイクルは?

とても厄介な自動車の「異音」

走り 走行

自動車を運転しているとき、普段聞いたことの無い音、いわゆる”異音”が発生すると非常に厄介です。

異音が停車中でも鳴っていれば、安全な場所に車両を停めて調べることもできますが、走行時にしか聞こえない場合は、あちこち覗き込むわけにもいきませんし、運転中ならシートから身体を動かして音の出ている箇所を特定することもできません。

走っていれば、必ず鳴る音だとしても、クルマというものは箱型のボディをしているか、いくつかの箱の組み合わせで成り立っているため、あちこちに反響して前後左右どこなのか、わからないこともしばしばです。

以前、筆者は、走行中のタイヤの回転に合わせてどこか擦れるような異音が発生したので、車を停めて点検したところ、タイヤの接地面に張り付いたガムテープの切れ端がフェンダーを叩いていただけ、ということがありました。

走行中の異音には、車に関係のない要因もあるのですが、そうした異音のなかで、金属を引っかくようなキーキー音が鳴ったら、ブレーキパッドの摩耗の可能性があります。

パッドの裏に仕掛けられたカラクリ

ブレーキパッドの摩材の使用限界は、一般的に1mmと言われます。ただし、実際には3mm程度まで減れば交換を推奨され、その中間の約2mmで摩耗警告音を鳴らす役割をしているパーツが組み込まれています。

それが「パッドウェアインジケータ」と呼ばれるもので、ブレーキパッドに最初から取り付けられていたり、古いパッドから取り外し、新しいパッドに取り付ける場合もあります。

一般的なパッドウェアインジケータは、ブレーキパッドの摩材が薄くなる(残り約2mm)と、ブレーキローターにウェアインジケータが接触して、金属音を出す構造で、音でブレーキの摩耗をドライバーに知らせます。

足まわり付近から金属音が鳴ったときには、まずはブレーキパッドの残量をチェックしましょう。これはドラムブレーキのブレーキシューでも同じです。

では、「キーキー音」が鳴らなかったら、ブレーキパッドの交換はしなくていいのでしょうか?

次ページ「キーキー音」が鳴らなかったら、ブレーキパッドの交換はしなくていいの?

この記事をシェアする

最新記事