2017年、いま売れているセダンは?人気トップ5を紹介

2017年上半期国産セダン販売動向

2017年4~10月に販売された小型および普通乗用車は、285万5,252台です。2016年度の同期間では268万4,990台だったので、前年比106.3%。この調子で販売が推移すれば、2年ぶりに国内新車販売台数は500万台に回復する見込みです。

とはいえ市場の人気の中心はコンパクトカーで、セダンの人気の低迷は続いています。

また、このランキングを紹介する前に断っておかなければならないのは、セダンといっても集計がブランド通称名別となっている関係で、セダンのなかには5ドアハッチバックやワゴンが含まれていたり、メーカーによっては、5ドアハッチバックでもセダンに分類されるモデルもあるので、純然たるセダンのランキングになっていないこと。

いまや日本国内におけるセダンの定義は、不明瞭になりつつあるようです。

第5位:マツダ アクセラ

マツダ アクセラ ハイブリッド HYBRID-S L Package

第5位はマツダ アクセラ。販売台数は1万3,431台です。

アクセラにはセダンだけでなく5ドアハッチバックのスポーツも含まれ、月平均では1,900台の販売を記録しています。また、エンジンはガソリンの他、クリーンディーゼル、ハイブリッドが用意され、ディーゼルがアクセラ躍進の要因になっていることは間違いありません。

現行アクセラは、2013年より販売が開始されたモデルで、2018年にモデルチェンジの噂がささやかれています。その次期型には、SKYACTIV-Xテクノロジーを採用した2.0L直4を搭載予定とのこと。東京モーターショー2017で発表されたコンセプトモデル”魁(カイ)”が、次期アクセラのスタディモデルになるといわれています。

ガソリンエンジンのクリーンさとディーゼルエンジンの太いトルクをガソリンで実現する、期待のエンジンの登場までもう少しです。

【全文書き起こし】これだけは見逃すな!マツダ、「VISION COUPE」と「魁 CONCEPT」を世界初披露!

第4位:トヨタ クラウン

無題

第4位はトヨタ クラウンで、販売台数は1万6,088です。純然な3ボックスのセダンボディだけの集計なら、トップになる可能性があります。

現行型クラウンはモデル末期で、次期型は東京モーターショー2017で発表されたクラウンコンセプトになります。ショーモデルとしての装飾を外し、ほぼコンセプトカーのままの姿で市販予定です。

次期型では直4エンジンが中心の車種構成となり、搭載エンジンは直4ターボの8AR-FTSとカムリで新開発されたA25A-FXSをコアとしたハイブリッドが中心と目されています。シリーズ構成はロイヤルとアスリートのみになり、マジェスタは廃止予定とのことです。

【全文書き起こし】トヨタ、新型センチュリーなど発表!ルロワ副社長が語った「東京オリンピックまでの取り組み」

次ページ気になるトップ3は…?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事