街で見かける10万円の中古車…あのタマ、買っても大丈夫?

10万円以下は原価が無いようなもの

中古車

通常、中古車というのは、なんらかのかたちで仕入れて、利益を乗せて販売されます。

車体を100万円で仕入れたら、それに法定費用や保管、整備登録代などもろもろの経費に、手数料や利益を乗せなければ商売になりません。となれば、10万円で売られているクルマは、客寄せのためなど、店側の特殊な目的を除けば、ちょっと疑ってかかったほうが良さそうです。

販売したクルマの下取りで入ってきたけども、手間をかけて業者オークションなどに流しても売れる見込みがない。さりとて解体業者に頼んでも買い取り代がほとんど出なかったり、下手をすると処分料を取られる。そうしたクルマで、もし売れたら儲けもの、とばかりに捨て値で販売されていると思ったほうがいいです。

つまり、売る側はそれほど期待しているわけではなく、販売後にクレームが発生しても困りますから、販売するときは、並のクルマを買う時よりよほど丁寧に説明してくれることがあります。

超安値の中古車は、ほぼ低年式過走行

車検 ブレーキ

そうした「市場価値が認められないクルマ」には、そうなるための理由があります。

低年式の古いクルマ、すでに10万km、20万kmと走った、あるいは年間走行距離が多い過走行車、事故車、水没車など…。程度が良いわけも無く、車検も切れています。

しかも不人気車やありふれすぎて希少価値も無い、それでいてボディカラーなどの問題でどこにでも乗っていけるわけも無い。

また、さまざまな事情があり、購入してから車検を取るため、それなりに整備費用がかかるケースもあるでしょう。10万円で購入したはいいものの、車検その他で乗り出しに20万円以上になるケースもあるかもしれません。

次ページ普通に買って乗っても大丈夫なのか

この記事をシェアする

最新記事