純正ナビが古くなった!アップデートにかかる費用は?

純正ナビのメリット

カーナビ

純正ナビは、メーカーがモデルに合わせて設定しているナビで、購入時に取り付けることができます。

この純正ナビには、メーカーが製造時に取り付けるメーカー純正ナビと、各ディーラーがオプションで用意するディーラーナビがあります。ほとんどのディーラーオプションは相互通信を利用したメーカーのサービスなどを受けることができませんので、ここでは、メーカー純正ナビを中心に話を進めます。

メーカー純正ナビのメリットは、まず専用設計のデザインなので、インテリアとの調和がとれており違和感がありません。また、ハンドルなどに設けられたボタン類からナビの操作ができるなど、車との親和性が高いのも特徴です。

最近では、通信機能を使って操作性を向上させたり、最新のマップをダウンロードできるなど、純正ナビにもメーカーの努力が見られます。

保証期間も他のパーツと同じ、3年間で設定されていることが多いので、不具合があってもメーカーを通じて解決しやすいです。

では、デメリットはどのようなことがあるのでしょうか?

純正ナビのデメリット

まず、設定されている種類が少ないこと。かつ価格は、社外品に比べて高めの傾向にあります。

また、メーカーごとで機能やユーザーインターフェースがほぼ決められているため、物によっては使いにくかったり、操作感が合わなかったりということもあります。

操作がシンプルで使いやすく設定されている反面、社外品から乗り換えると機能に少なさを感じることがあるかもしれません。

先述した通信機能による地図の更新は、ここ数年で誕生した新型モデルの一部車種だけで、ほとんどのモデルはまだそのような機能は持ち合わせていません。

そして、純正ナビ最大のデメリットが、簡単には交換ができないこと。

メーカーオプションで製造時に取り付けられるナビは、ほぼ着脱はできないと思ったほうが良いです。実際のところ、この交換できないというのがネックで社外品を選ぶユーザーも多いといいます。

しかし、車種やメーカーによっては(特に輸入車では)、社外品に交換するとセキュリティ機能が働きエンジンがかからなくなるなど、交換作業にはちょっとした知識が必要になることもあります。

そういった問題から純正ナビを使い続けた場合、ユーザーとしてもっとも気になるのが地図のアップデートです。いくらくらいでできるのでしょうか。メーカー別に調べてみました。

次ページ純正ナビのアップデートにかかる費用は?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives