ランエボやスターレットなど…リメイクが望まれる絶版車たち

空力と軽量がすべてだった「トヨタ スポーツ800」

トヨタ スポーツ800

スポーツカーと言えば、カタログスペックに踊らされ、つまらぬいさかいのもとになるのがカーマニアの悲しい性というもの。

しかし、パブリカ用の非力な空冷2気筒水平対向エンジンをファインチューンのみで搭載し、あとは優れた空力と軽量ボディだけでハイパワーのホンダ S600と激闘を繰り広げたのがトヨタ スポーツ800です。

カタログ値など実際のレースでの戦績で吹き飛ばせることを証明していた車でした。

エンジンに恵まれなかった個性的なコンパクトクーペ「日産 パルサーEXA」

日産 パルサー EXA 2代目

90年代あたりから車がやたらとカドの取れた丸っこい車が多くなりましたが、それ以前に作られたコンパクトクーペのパルサーEXAは、リトラクブルライトを装備したベルトーネ風の角ばったボディがとても個性的に思えます。

1.5リッターSOHCターボの動力性能はたいしたものではありませんでしたが、格好良さが受けて、2代目は独立したEXA(エクサ)となりました。しかし結局、この2代目で廃盤となりました。

世が世ならスーパーカー「ユーノス コスモ」

マツダ ユーノスコスモ

マツダが唯一送り出した市販3ローターエンジン20Bを搭載したモデルが、ユーノスブランドから発売されたコスモです。

レーシングカーやチューニングカーならローターの3つや4つは当たり前ですが、メーカー純正の3ローターエンジンを積んだのは、ユーノス コスモ1代きり。

実用燃費が2km/Lを切るとも言われていたもので、バブル崩壊であえなく消滅しますが、世が世ならスーパーカーのような扱いで残ることはできなかったのかと思います。実際、街中でコスモを見かけたとしても、たいていは2ローターの13Bでした。

あるいは、こういう車を作っていたことも、当時のマツダが傾いた原因かもしれません…。

次ページスズキ、ダイハツ、三菱からはあの車!

この記事をシェアする

最新記事