スタッドレスタイヤとチェーン…どちらがおすすめか?

タイヤチェーンのメリットとデメリット

タイヤチェーン

タイヤチェーンの魅力は、価格の安さです。安価なものであれば、3,000円程度から購入することができます。雪上でのグリップ性能はスタッドレスタイヤにも勝ります。

なかには、スタッドレスタイヤは高いため、タイヤチェーンだけで冬を乗り越えようと考えているドライバーもいるかもしれません。

しかし、タイヤチェーンは雪のないアスファルトを走行をしてしまうと、ホイールに傷がついたり、チェーンが切れて事故の原因になることもあります。

そのため、高速道路にチェーン規制が出されていても、長いトンネルではチェーンを外すことが求められることもあります。トンネルの手前でそれまで付けていたチェーンを外し、トンネルを抜けたらまたチェーンを装着するといったようなわずらわしさがあります。

また、スタッドレスにくらべて、チェーンは速度を上げることができずに、高速道路では渋滞の原因になることもあります。

ちなみに、チェーンは駆動輪のみに装着するのが一般的で、前輪駆動なら前輪、後輪駆動なら後輪に装着します。四駆の場合は、前輪と後輪どちらが主体になっているかで変わりますが、理想は4本すべての車輪に装着することです。

ところで、タイヤチェーンには金属のチェーンと非金属のチェーンがあるのはご存知ですか?どちらの場合もこまめな着脱が必要ですが、非金属チェーンのほうがデメリットはいくらか緩和されます。

非金属チェーンはゴムやウレタンで出来ており、走行音や振動が金属チェーンに比べて穏やかです。価格は約1万円程度からと、金属チェーンに比べると相場は高くなりますが、チェーンよりも着脱が比較的容易という特徴があります。

スタッドレスタイヤのメリットとデメリット

スタッドレスタイヤ

冬のマストアイテムといえば、タイヤチェーンよりもスタッドレスタイヤと考えているドライバーは圧倒的に多いでしょう。

基本的には、タイヤ+ホイールをもう1セット用意しなければならないので、チェーンに比べれば費用はかさみますが、一度装着してしまえば翌春まではそのまま使用できますし、夏タイヤと変わらない感覚で使用できるのが大きなメリットです。

乗り心地や走行速度には影響がないといえばウソになりますが、タイヤチェーンに比べれば、その影響は小さなものです。

では、ほとんどの人が利用しているスタッドレスタイヤにもデメリットはあるのでしょうか?

スタッドレスタイヤしか装着したことがない方からすると、意識することはないかもしれませんが、じつはタイヤチェーンに比べると雪上グリップ性能は劣ります。また強いて言うとすれば、価格がやや高いことと保管場所が必要なことですね。

ただし、スタッドレスタイヤがあれば、必ずしもチェーンが不要というわけではありません。状況によっては「全車両チェーン装着規制」という区間もあり、この場合はスタッドレスタイヤを履いていてもチェーンの装着をしなければなりません。

スタッドレスタイヤは、比較的万能で、それが多くのドライバーに支持されている理由でもありますが、アイスバーンではメーカーの考え方によって性能に差があることも事実。スタッドタイヤ選びは、そのへんを考慮したうえで行うと良いでしょう。

次ページスタッドレスタイヤとチェーン…どちらがおすすめか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事