中古車をディーラーで点検・整備してもらえるのか?

並行輸入車、逆輸入車の場合は?

トヨタ タコマ 2016

A社並行輸入車をA社ディーラーで整備できるのか?

並行輸入車とは、正規のインポーターを通さずに日本に輸入された海外仕様車のことです。

多くはメーカーとは無関係の業者が輸入し、日本の保安基準に合わせた改造を行って販売しています。一般的には、並行輸入車の点検を受けてくれるメーカー系ディーラーはありません。問い合わせの時点で、点検を断られます。というのも、その並行輸入車が日本で販売されているモデルと同じ車名・グレードだったとしても、実際には仕向地によって細部が異なることが多く、部品を取っても実際に装着できるかどうか、わからないことが多いからです。

そのため、日本で展開する輸入メーカー系ディーラーでは、日本で正規販売されている車種のみ整備点検を受けるという回答になります。

また、並行輸入車ユーザーの常識としては、整備は自分で行うか請け負ってくれる整備工場を確保していることが購入の前提。前出の輸入業者の例では、業者が整備工場を構えている場合が多いようです。

A社逆輸入車をA社ディーラーで整備できるのか?

逆輸入車とは、メーカーが日本で製造した海外仕様車を現地から日本に再び輸入、もしくはメーカーの海外向けモデルのことです。

車の製造や輸出行程がどうであれ、並行輸入車と同じく日本で正規に販売される車ではありませんから、メーカー系ディーラーでは、車両のデータがありません。そのため、点検・整備は、並行輸入車と同じ扱いになります。

魅力的な海外仕様車に乗るには?

さまざまなメーカー、モデルが販売されている日本ですが、国内メーカー製の海外専用モデルや、日本にはインポーターすらない海外メーカーの車両など、クルマ好きとして気になる車両は、少なくありません。

それらを日本で運転するには、並行輸入しか手段がありません。それでも乗ってみたいというユーザーは確実に存在し、それに応える業者もあります。しかし筆者は、日本で販売されていないクルマは、日本で乗れないと潔く諦めたほうが良いと思います。

理由は現代の自動車は電子制御を多数搭載したクルマ型ロボットになりつつあり、メンテナンスには専用機器や整備ツールがだからです。メンテナンスに不備があれば、本調子で乗れないばかりか、本来ではありえないトラブルが発生する可能性すらあります。

そういったことを考えると、メンテナンスのしっかりできる正規に販売された車両は、とてもありがたいものに思えませんか?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives