国内で50車種以上販売されているクリーンディーゼル。あのブランドも!?

クリーンディーゼルとは?

CX-5

ディーゼル車は昔からありますが、以前のディーゼルエンジンは、排気ガスの問題や騒音や振動が欠点と言われ、自家用車よりバスやトラックといった大型車に搭載されるのが一般的でした。

また、1999年に当時の東京都知事の肝入りで、ディーゼル車NO作戦が施行されていたこともあり、ディーゼル車にネガティブなイメージを持っている人も少なくありません。

しかし現在は、各メーカーの努力により、排気ガスをクリーンにすると同時に静粛性もアップさせた次世代の「クリーンディーゼルエンジン」が登場しました。

PM(粒子状物質)やNOx(窒素酸化物)などの排出量が少なく、ガソリンよりも安価な軽油を燃料とし燃費が良いクーリンディーゼル車は、自動車取得税、重量税の免税や、クリーンディーゼル自動車導入費補助金といった優遇もあるエコカー減税対象車としても注目されています。

国内で購入できるディーゼルモデルは50車種以上!

トヨタ ランドクルーザープラド

国内メーカーでは、SKYACTIVテクノロジーによって独自のクリーンディーゼルエンジンを開発したマツダが、コンパクトクラスのデミオから先日発表された3列シートを備えたSUV CX-8まで、充実のラインナップを誇っています。

また、国内へのディーゼル導入に消極的と思われていたトヨタですが、ハイラックスサーフとランドクルーザープラドにディーゼルモデルを用意。三菱は、パジェロとデリカにDI-Dクーリンディーゼルをラインナップしています。

一方、クリーンディーゼルによって環境問題に取り組んできた欧州メーカーのラインナップは充実の一言で、日本でも人気の高いドイツ車、メルセデス・ベンツ、BMWは、SUVだけでなくセダンにも積極的にディーゼルモデルを投入。さらにBMWは、コンパクトクラスの2シリーズやMINI、上級スポーツモデルのアルピナにも用意するなど、積極的なアプローチを行っています。

また、フランスのプジョーやシトロエン、イギリスのジャガー、ランドローバー、イタリアのマセラティ、スウェーデンのボルボなどもディーゼルモデルを導入。車種選びに迷うほど、豊富なバリエーションとなっているのです。

欧州車にディーゼルが多いのはなぜ?

BMW 3シリーズ 2015

欧州で販売されている車の半分以上がディーゼルモデルと言われています。車種のラインナップを見れば人気が高いのはなんとなく理解できますが、なぜここまでディーゼルが売れているのでしょうか?

これはお国柄も大きく関係しており、日本で人気の高いハイブリッドよりもディーゼルのほうが欧州ではメリットが多かったからと言えます。ディーゼル車はハイブリッドに比べれば開発コストが安く燃費も良い、かつ日本ほど渋滞も多くないため、ディーゼルでも十分に経済的なのです。

日本での普及が遅れていた理由は、ネガティブイメージが多かったことと、日本の使用環境ではディーゼルの恩恵よりも、デメリットのほうが目立っていたことがあります。

しかし、欧州でのエコカーのスタンダードがディーゼルだったこと、さらにマツダの努力もあって、日本でも徐々にクリーンディーゼルを選ぶユーザーが増えてきました。

2015年にVWの不正問題が発覚し、それに追い打ちをかけるように2017年には、フランスを始めとした欧州各国で2040年を目処に内燃機関の販売禁止を発表されたことで、ディーゼルエンジンには逆風が吹いています。

とはいえ、低速時の十分なトルクや燃費の良さ、さらにそれに関わる燃料費の安さなど、ガソリンやハイブリッドに代えがたい魅力がディーゼルエンジンにはある。それに気づいたユーザーが、クリーンディーゼルを選んでいるのでしょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事