ブームに乗って販売されるかも!? 日本に導入されていない国内メーカーSUV5選

その①:日産 キャッシュカイ

日産 キャッシュカイは、日産の世界戦略車となるSUVです。

初代モデルは、日本ではデュアリスとして販売され、1代限りで廃止となりました。しかし海外では2代目モデルが販売されています。そのルックスはエクストレイルと瓜二つ。同じ市場でキャッシュカイとエクストレイルの併売はないか…と思いきや、欧州では普通に併売されています。

オーナーでもなければ画像では見分けがつかないぐらいよく似ている2代目キャッシュカイとエクストレイルの違いは、ホイールベースと搭載エンジンです。

キャッシュカイはエクストレイルのショートホイールベース版であり、車両キャラクターが都市型SUVとなっています。そのため搭載エンジンも小排気量で2.0L以下。1.2Lディーゼルターボも設定されています。

オフロード志向のエクストレイルと、差別化がきちんできるようなら、次期モデルで日本へも導入されるかもしれません。

その②:アキュラ RDX

アキュラ RDX 2012

アキュラはホンダが北米、カナダ、中国で展開するプレミアムブランドです。RDXは、アキュラSUVのミドルモデルで、5人乗り。北米アキュラのなかで、好調な販売を記録しているモデルのひとつです。

2012年より販売されている現行型モデルは、シャーシを先代CR-Vと共有。搭載エンジンは3.5L V6で275psを発揮。最低地上高の高いステーションワゴンといった趣きで、日本市場に導入した場合、スバル レガシィアウトバック、BMW X3、メルセデス・ベンツ GLC、アウディ Q3などが競合となります。

新型の発表が2017年12月に開催されるロサンゼルスオートショーで行われる予定のRDX。日本導入は、あるのでしょうか。

その③:トヨタ RAV4/クルーガー

トヨタ RAV4は、1994年に初代モデルが発表されました。当初は3ドアのみでしたが、その後5ドアを追加。モデルチェンジを経て、5ドア車はクルーガー/ヴァンガードへと車名を変更しました。

RAV4の発売当時は、初代ホンダ CR-Vやスバル フォレスターが人気を集め、日本国内では3代で販売終了。4代目となる現行型は、海外専用車となっています。また5ドアのクルーガーも生産されています。

この2台は、エンジニアリングを共有する現行型ハリアーとレクサス NXが好調なので、あえて日本に廉価版的なモデルを投入する理由が見つけることができません。よって、日本市場の変化が無ければ導入の可能性は低そうです。

次ページいすゞやスズキのあの車も…

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事