タイヤワックスってトレッド面にかけても大丈夫?危険じゃないの?

タイヤワックスとは?

タイヤ ホイール

タイヤワックスは、シリコンや油が主成分で、タイヤをより黒く見せ艶を出す効果があります。洗車後、足元を引き締めて見せるのに有効なアイテムとして、車好きはもちろんカーディーラーなどでも使用されています。

このタイヤワックスには油性タイプと水性タイプがあります。石油系溶剤が入った油性タイプは、スプレータイプのものが多く施工も簡単なので、広く使われています。ですが、石油系溶剤がタイヤのゴムに浸透し、劣化を進行させる可能性があります。

一方、シリコンオイルを水に溶かした水性タイプは、ゴムへの攻撃性が低いのですが、水に弱く雨などで流れてしまうため、持続性は油性タイプに劣ります。また艶も少なく、「見せる」という点でも油性タイプに劣ります。

タイヤワックスはトレッド面に使用しても良いのか?

タイヤ トレッド面

本来のワックスは潤滑の役割もするので、タイヤワックスをトレッド面に使用すればタイヤが滑りやすくなりますし、ブレーキに付着すれば危険です。

しかし、タイヤワックスをトレッド面に使用したとしても、わずかな走行で落ちてしまいます。つまり、ほとんど使用する意味がなく、わずかな塗布でもグリップを失う可能性があるので、トレッド面にはできれば使用しないほうが良いです。

まだある意外なデメリット

タイヤの成分には、経年劣化を防ぐための劣化防止剤のようなものが含まれており、走行することで、それが徐々に表面へ浮き出てくるようになっています。

油性のタイヤワックスやカーシャンプーを使用すると、劣化防止剤を落とすことになってしまうので、トレッド面にタイヤワックスやカーシャンプーが付いてしまった場合は、水洗いをおすすめします。

それでもタイヤを綺麗に見せたいという方は、水性タイプを使用をおすすめします。ただし、水性タイプであってもトレッド面に使用するメリットはありません。

タイヤワックスは、それぞれの特徴を抑えて、正しい使い方をするのがベストな使用法といえるでしょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事