誰でもレーシングドライバーと同じ加速ができる!?「ローンチコントロール」とは?

ローンチコントロールの必要性

ローンチコントロール

クルマの性能向上で、大パワー&大トルクを誇るスポーツカーが増えてきました。日本においても、メーカー自主規制を撤廃したモデルが現れています。

しかし、大パワーになればなるほど、クルマは扱いにくくなります。そこで必要になってくるのが、電子制御デバイスによる「調教」といえるでしょう。ローンチコントロールもそうした装備のひとつです。

大パワー車の発進時、エンジン、タイヤ、ミッション、クラッチ…クルマには非常に大きな負担がかかります。かつてのマニュアル車であれば、ドライバーのスキルが非常に問われる瞬間でした。

実際、F1やレースシーンで、スタートに失敗してポジションを失う一流ドライバーを多々見てきたことと思います。適切な回転数でのクラッチミートとアクセル開度、すべてがベストでなければ良いスタートはきれません。

ローンチコントロールは、それらをコンピュータが最適化して、ドライバーの代わりにやってくれるシステムです。基本は、多くの車に装備されているトラクションコントロール(TRC)ですが、あちらはクルマを安定させるシステムで、ときにはパワーを意図的に絞ることもします。

対してローンチコントロールは、最高のスタートを行うためにプログラミングされているもので、フルパワーで加速させます。

さらに、ミッションがDCTになれば、もう鬼に金棒。どんなドライバーでも、正しく操作すれば、レーシングドライバーと同じもしくはそれ以上の加速を行うことができます。

次ページローンチコントロール、F1等で使用禁止に!?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事