バスやトラックなどの商用車にMT車が多い理由

ATとMT

MT車

ひと昔前、自動車の変速機(トランスミッション)といえば、クラッチペダルを備え、ドライバーが手動でシフトチェンジを行うMT(マニュアルトランスミッション)が当たり前でした。しかし最近では、販売される乗用車のほとんどが、自動で変速を行ってくれるAT(オートマチックトランスミッション)となっています。

かつてMTはATに比べて燃費も加速も良いと言われていましたが、DCT(デュアルクラッチトランスミッション)など、技術の進歩によってその差は薄まりつつあることも、ATが普及している要因のひとつでしょう。

もはや、あえてMT車を選ぶ理由は「運転を楽しみたいから」という理由以外はなくなりつつあります。この傾向に複雑な想いを抱いている方も多いのではないでしょうか。

ではなぜ、バスやトラックなどの商用車では、いまだに多く見られるのでしょうか?

次ページバスやトラックでMT車が多く採用される理由とは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事