JPN TAXIは、マイカーとして購入できるのか?

JPN TAXI(ジャパン タクシー)とは?

【東京モーターショー2017】トヨタ JPN Taxi

JPN TAXI(ジャパン タクシー)は、トヨタが販売する新型のタクシーで2017年10月23日に発売されました。

JPN TAXI Concept(ジャパン タクシー コンセプト)が、東京モーターショーで初披露されたのは2013年。従来のセダン型ではなく、背の高いワゴン型になっていることで注目を集めました。どことなくロンドンタクシーを思わせる形状でもありますね。

これまでタクシーの主軸となっていた、クラウンセダンやコンフォートにかわるニュータイプのタクシーです。

ボディは小型ミニバンのシエンタがベースとなっており、開口幅720mmの電動スライドドアや低床フラットフロアなど、これまでのタクシーにはなかった機構を装備しています。助手席を畳めば、車椅子での乗車も可能で、バリアフリー性能も強化されています。

レトロな見た目の中身には、手が届きやすくベルトを簡単に引き出せるベルトリーチャー、後席用充電USB端子、ナノイー発生機、後席から操作できる天井内サーキュレーター(匠のみ)、シートヒーター(匠のみ)などを標準装備。また、全車に突回避支援パッケージ”トヨタ セーフティ センスC”を装備しています。

日本の「おもてなしの心」を反映したというだけあって、便利かつ乗り手に優しい車になっています。

JPN TAXI(ジャパン タクシー)のスペック

ジャパン タクシーのボディは、全長4,400mm×全幅1,695mm×全高1,750mmと5ナンバー枠に収まっているので、日本の交通事情でも非常に扱いやすいサイズになっています。

グレードは、ベースモデルの「和(なごみ)」と上級グレードの「匠(たくみ)」の2種類。内装色は、ブラウン系の琥珀(こはく)もしくはダークブラウン系の黒琥珀(くろこはく)が用意されています。

パワーユニットは、プリウスにも採用されているTHSⅡをベースに、エンジンはLPG燃料に対応した1.5Lが採用されています。

エンジン出力は、全グレード共通で、最高出力54kW(74ps)/4,800rpm、最大トルク111Nm(11.3kgm)/2,800-4,400rpm。モーター出力は、最高出力45kW(61ps)、最大トルクは169Nm(17.2kgm)。JC08モード燃費は、19.4km/Lと発表されています。

加速性能や走りを期待する車ではありませんが、今後のタクシーのスタンダードとして活躍に期待が高まります。

次ページ個人での購入は可能なのか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事