GT-RやLFAにも採用!トランスアクスルのメリットとデメリット

トランスアクスルのメリット・デメリット

レクサス LFA 2012

メリットは重量配分の最適化

スポーツカーやGTカーの運動性能を高めるうえで、車両の前後重量配分は重要な要素です。

FRレイアウトの車ではフロント寄りの重量配分になりやすくなってしまいます。前後重量配分を均等にするための手段としては、エンジンとトランスミッションの位置を後退させる、フロントミッドシップ化がありますが、実際に重量配分を均等化するにはホイールベースを延長したり、車室寸法を短縮するなど、スポーツカーやGTカーには好ましくない調整が必要になってしまいます。

それを解決したレイアウトが、エンジン・トランスミッションを車体中央に配置するミドシップでした。ただし、利便性を無視することのできるレーシングカーや特別なスポーツカーであれば、それでも良いのですが、ある程度の定員と積載性を考えなければならない市販車では、なにかと不便なレイアウトでもあります。

そこでフロントエンジンのまま重量配分を最適化する方法として、エンジンとミッションを切り離したトランスアクスルというレイアウトが考え出されました。

デメリットも…

エンジンから分離したトランスミッションをリアに配置し、小さく軽くまとめるために、ディファレンシャルギアを一体化。エンジンとトランスミッションは、プロペラシャフトでつながれます。これにより、前後重量配分を理想的な数値に近づけることができます。

しかし、車体下部のセンタートンネル内に配置されるプロペラシャフトは、一般的なFRのように減速されたものではなく、エンジンの回転をそのままミッションに伝えるため、高速で回転することになります。そのためシャフトには高い精度とバランスが求められます。

また、ヨーイングやピッチング方向の慣性モーメントは小さくすることができないばかりか、むしろ大きくなることもあるといいます。

さらに、リアアクスル部分にミッションケースが配置されるため、リアシートの居住性が犠牲になったり、センタートンネル内で高速で回転するプロペラシャフトの騒音が増大するといった欠点がされます。

こうした欠点が常に指摘されてきたトランスアクスルは、1950年代にランチアがアウレリアで採用して以降、1990年代まで、市販車ではフェラーリ275GTB/356GTB4デイトナ、ポルシェ924/944、アルファロメオ75/SZなど、それほど採用例は多くありませんでした。

しかし1990年にフェラーリがフロントV12エンジンモデルにトランスアクスルレイアウトを採用すると、再び注目されるようになります。

次ページ国産でトランスアクスルレイアウトを採用するのはこの2車!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事