インプレッサとランエボ…世界で勝つために造られた両者の決定的な違いとは?

両車の違いは、基本設計にあった

サイズ、価格、スペック…これらを見ただけでは、あまり違いを感じないかもしれません。しかし両者の決定的な違いは、足まわりやボディの設計に対する考え方にはっきりと出ています。

インプレッサは、もともとラリーに出ることを考えて作られたクルマ。ですからベースモデルの設計品質も、WRX基準だったりします。これは富士重工というメーカーの考え方で、どちらかというとヘビーユースを軸にして設計し、安いモデルはそのあとに作るといったようなプライオリティとしていました。スバリストは、そういうところがたまらないと思う人が多いのです。

対して三菱は、まず十分なコスト計算のもとに過不足ない小型乗用車を設計し、それを基本として補強をしたり大幅にチューニングを施すことで、ランサーエボリューションというクルマを作り上げました。これもまたチューニング好き、スペックマニアにとっては堪えられない魅力となっていくというわけです。

過剰品質とチューニング

そのため、インプレッサの普通モデルは、過剰品質と言われた時期があります。基礎部分をWRXと作り分けをしなかった、それはスバルの良心かも知れませんし、そこまでやる手間やコストがかけられなかったのかもしれません。そして、インプレッサの通常モデルは、収益率にあまり寄与しなかったのかもしれませんね。

その点ランサーは、通常モデルはおとなしいクルマとしてまったく別のクルマであり、エボはメーカーチューンドカーの極みのような存在とも言えます。

ただ速くてスポーティというだけでなく、両者にはこうした誕生の経緯の違いや、メーカーの考え方の違いが見えてきます。いまだにこの2台が気になっている方は、そのあたりも参考にしていただくとクルマ選びが面白くなるかもしれません。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事