他のスポーツカーと比較して、GT-Rはなぜ重いのか?

日産GT-Rが世界中で愛される理由

日産 GT-R

2008年にデビューした日産GT-Rは、世界中で人気があり、日本車の最高傑作と評価される素晴らしい車です。

人気の理由は
・1,000万円以下という破格の安さで、価格が約4倍のランボルギーニ アヴェンタドールと同レベルの速さ
・4人乗りのボディ、雨の日も快適に安全に乗れるなど、日常的にも十分使える機能性を持ちながら世界最速レベル
・ノーマルで550馬力。それでも市街地含めた実用燃費は6〜10km/Lと現実的
などなど。

リーズナブルな価格と日常の使い勝手を重視しながら、世界最速レベルのスピードを実現…これがGT-R人気の理由です。

常識を覆したGT-Rの設計

日産 GT-R 2016

それまでは「車を速くするには軽くする」「馬力と駆動方式が同じなら軽いほうが速い!」という考えが常識でした。

しかし、デビュー当時から注目を集めていたのは、GT-Rの車両重量が1,730〜1,740kgで、500馬力オーバー、最高速300km/hオーバーの車としては同クラスの車に比べて100〜200kg程度重いという点です。

それなのに速い。それまでの常識は、どうなったのでしょう?

次ページなぜGT-Rは重いのか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事