エレガントすぎるアストンマーティン DB9の維持費ってどれぐらい?

アストンマーティン DB9とは?

アストンマーティン DB9

DB9は、イギリスのアストンマーティンが販売する高級クーペです。DB7の後継車として2004年にデビューしました。

ボディタイプは、ハードトップのクーペとソフトトップのヴォランテがあります。新車価格はクーペが約2,300万円、ヴォランテが約2,500万円と超高級車です。

2017年現在は、よりハイパワーとなったDB9 GTのみが販売されていますが、DB11がすでに控えていますので、まもなく絶版になるでしょう。

中古車サイトでDB9を探すと、おおよそ475〜2,098万円(ヴォランテは1,080〜1,117 万円)で販売されています。(2017年11月現在)

エンジンは、6.0LのV12で、最高出力は517ps(GTは547ps) 、最大トルクは620Nm(63.2kgm)。まさにラグジュアリーとスポーティ両方を兼ね備えた究極のスポーツカーと言えます。

アストンマーティンの車両は、これまで出荷した車の9割が現存しているといいます。そんな一面も、アストンマーティンのブランド力を伺わせますね。

では、この次元の異なるDB9、維持費はいくらくらいかかるのでしょうか?

次ページDB9の維持費はいくらかかる?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事