ホイールをカッコよくしよう!意外と簡単にできるホイールカカバー交換のメリット・デメリットと交換方法

そもそもホイールカバーとは?

ホンダ シャトル ハイブリッド スチールホイール

ホイールカバーは、スチールホイールを表面に装着し、ホイールボルトやブレーキディスク、ハブなど駆動部品を外部障害物や雨露雪などの水分から保護します。

またデザイン的に優れているとは言い難いスチールホイールを飾る装飾品といった役割も担っています。アルミホイールで中央のボルトを隠すスクリュー式のカバーもありますが、一般にはホイールキャップと呼びます。

ホイールキャップを付けない車も存在しますが、その多くの場合は、業務用であったり、ユーザーがコスパに厳しい、ホイールに興味がない方であったりします。

降雪地域では、スタッドレスタイヤを鉄製ホイールに組み込む方が多いのですが、雪によってホイールカバーが外れ、紛失することもしばしば。そこで最初から、ホイールカバーを付けないというオーナーもいるようです。

ホイールカバーのメリット・デメリット

ホイールカバーのメリット

機能面以外でのホイールカバーのメリットは、アルミホイールと比較すると安価なので、デザインの違うセットを数種類用意でき、その日の気分で、まるで洋服を着替えるように付け替えることができるという点です。

またタイヤのインチ数さえ合えば装着可能な場合が多く、車を買い替えても遣い続けられる点もメリットです。

ホイールカバーのデメリット

スチールホイールを採用し、ホイールカバーが標準装備でない車種は実用車が多く、グレード的にはビジネスモデルや一番安価なベーシックモデルがほとんどです。

いまでは少ないスチールホイールですが、過去を知る方にとっては安さの象徴ということも…。ホイールカバーを装着すれば、一瞬では安価な車に見えませんが、車に詳しい人からしたら、すぐにバレてしまいます。

またアルミホイールと比べると、重量がある場合が多く、バネ下重量に大きくなり、サスペンションに負担がかかります。さらにタイヤという回転部分が重くなれば、燃費の悪化にもつながるかもしれません。体面的にも機能的にも、アルミホイールの方が鉄製ホイールより優れていると、筆者は考えます。

ホイールカバーは全輪に使用しましょう

ホイールカバーは樹脂でできているため、単体ではかなり軽量です。とはいえ、何百グラムという重さがあるので、もしどこか1輪からカバーが外れたら、他のホイールカバーも外し、タイヤ・ホイールの重量を均一にしましょう。特に高速運転時に、支障が出やすくなります。

次ページホイールカバーの取り付けと交換方法

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事