こんなに変わった!コンセプトモデルと市販車のギャップがすごい車5選

①トヨタ 86

FT-86 コンセプト

トヨタ FT86 コンセプト

トヨタ FT-86 コンセプトは、2009年の第41回東京モーターショー、コンセプトⅡは、2011年のジュネーブショーにおいて、それぞれ発表されたコンセプトモデルです。これらをもとに2012年にトヨタ86が発売されました。

FT-86 コンセプトⅡ

FT-86 コンセプトⅡ

トヨタ 86

トヨタ 86

FT-86コンセプトと市販86の違いは、デザインですね。FT-86コンセプトでは、市販型の86よりも無駄のないすっきりしたサイドビューだったものが、市販型では前後のフェンダーの存在感が強く、ふんばりの効いたデザインになっています。

またフロントマスクまわりは、ヘッドランプユニットの形状とそこからラジエターグリルに続くシャープなライン(コンセプトⅡではLEDランプを配置)が、市販型では両サイドにウインカーを配置したことで薄められています。

こうして比較してみると、86はいたって現実的なデザインでまとめられている感じですね。

②トヨタ アクア

トヨタ FT-CH

トヨタ FT-CH

トヨタ アクア

トヨタ アクア

FT-CHとは、2010の北米国際オートショーで初公開された小型ハイブリッドカーのコンセプトモデル。これが、2011年に発売になったトヨタ アクアのベースと言われています。

FT-CHはアクアのベースとも言われていますが、初見では市販型アクアとつながるようなデザインはほとんど見受けられません。しかしよく見れば、サイドのシルエットにアクアの面影を見つけることができます。

室内のデザインは、コンセプトモデルらしく、先進的な技術でまとめられていましたね。

③レクサス LFA

レクサス LFA

レクサス LFA 2012

レクサス LFAは2009年の第41回東京モーターショーで市販車が発表され、2010年12月より生産が開始された、レクサス初のスーパーカーです。

コンセプトモデルはLF-Aという名前で、2005年と2007年のデトロイトショーでお披露目されました。どちらも市販型と比べると、かなり近未来的な印象です。特にリア周りのデザインは、少しぶっとんでる感じもしますね。

それに比べると、市販型はかなり落ち着いた、それでいてスーパーカーとしての存在感を保ったデザインで登場しました。

次ページジュークのコンセプトはこんな感じでしたね…

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事