今年初めて暖房を入れたら、嫌~なニオイ。どんな対策がある?

エアコンの臭いの原因は?

エアコン

家庭のエアコンも車のエアコンも同じで、しばらく使っていないと、ホコリが溜まり、湿気によるカビなども発生します。

そのホコリやカビなどが、エアコンの風とともに車内に流れてくることが、嫌な臭いのおもな原因です。

エアコンの嫌な臭いをとるには?

エアコンの嫌な臭いをとる方法は、いくつかありますが、最初は誰でもできる簡単な方法から紹介します。

まず送風で強にしてみましょう。エアコン内部が乾燥し、嫌な臭いがしなくなることがあります。この時、もし晴れているなら、窓を開けて換気しておくのも効果的です。雨天なら、窓を開けるのは湿気を持ち込むこととなり、逆効果ですので避けてください。

この方法で大体の臭いは取ることが出来ます。

またエアコンフィルターが汚れている場合は、交換をおすすめします。

ディーラーに点検をお願いしている車なら、定期的にエアコンフィルターの交換を薦められます。その都度交換すれば、暖房時の臭いの原因となるゴミやホコリ、カビなどを事前に防ぐことができます。

エアコンフィルターの交換はお店にもおりますが、数千円程度です。

それでも臭いが残っている場合は、業者によるエアコンのクリーニングがおすすめ。エアコン内部を高圧洗浄のようなもので汚れを落とす方法ですが、汚れ具合によって値段は変わってきます。

個人でもエアコンクリーニングできるグッズは売っていますが、ディーラーや業者に頼むほうが、臭いの元となるものを確実に取り除いてくれます。

エアコンは定期的にメンテナンスをすることで、ON時の嫌な臭いの発生を抑えることができます。洗車の際には、外装だけでなく内装のクリーニングも行うと良いでしょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事