【全文書き起こし】ジムニーの未来型!? スズキのEVコンパクトSUV「e-SURVIVOR」とは?東京モーターショー2017

【全文書き起こし】スズキ、次の100年に向けて…

皆様、こんにちは。

本日はスズキブースにお越しいただき、誠にありがとうございます。

スズキのテーマは、「ワクワクを誰でも、何処へでも」です。

テーマを選ぶにあたって、改めて車とは何か、乗り物とは何かと考えてみました。移動のため、仕事のため、遊び道具など使い方は、人それぞれ違います。

しかし、1台1台に役割は違っても、乗り物には常に人をワクワクさせるものでなくてはいけません。

今回のモーターショーでは、次の100年に向けて、さらに安全で、乗る人、全てをワクワクさせたい、そんな想いをご提案しています。

【東京モーターショー2017】スズキ e-SURVIVOR

それでは、ご紹介しましょう。

まずはこちら。未来のコンパクトSUV「e-SURVIVOR」です。

スズキがジムニーやエスクードで培ったコンパクトSUVの魅力、これを継承しながら、次世代に向けてご提案するEVのコンパクトSUVです。

スズキの伝統である走破性はそのままに、ラダーフレームと軽量コンパクトボディを組み合わせ、前後4つのモーターで駆動。新たな4WDの可能性をご提案します。


e-SURVIVOR、いかがだったでしょうか。

続いてはこちら。スペーシアコンセプトです。

低床で広い空間、使い勝手が良い後席両側スライドドア、軽ハイトワゴンに楽しさを詰め込んだスペーシアコンセプトです。

スペーシアコンセプトには、ワクワクだけでなく、安全装備として、後退時に車両後方の障害物を検知する後退時ブレーキサポートを採用。

デュアルセンサーブレーキとの組み合わせにより、前後の安全をサポートします。さらに安全運転支援として新しい機能も盛り込みました。フロントドア投影式ポップアップディスプレイ、標識認識機能などです。

これからの軽自動車にはより安心安全が求められる時代です。ワクワクと安全性能を盛り込んだ、軽ハイトワゴンのスペーシア。その期待に応えます。


【e-SURVIVORのビデオ上映】


スペーシアにはもう1つ、魅力のある車種を展示しています。スペーシアカスタムコンセプトです。大型フロントメッキグリルで、圧倒的な迫力を。存在感のあるデザインです。

【東京モーターショー2017】スズキ
【東京モーターショー2017】スズキ

続いてXBEEです。

XBEEはもっとみんなで、もっと遠くまで遊びに行きたい、もっとカッコよく人生を楽しみたい、こんな想いを実現できる新ジャンルのクロスオーバー型ミニワゴンです。

1.0Lの直噴ターボエンジンが、その魅力をさらに引き立ててくれます。

こちらは、そんなXBEEの中でもアウトドアの楽しさを広げる上質なアウトドアモデル、XBEE アウトドア アドベンチャーです。

また、サブステージには、クロスオーバーの都会における楽しさを広げるストリートモデル、XBEE ストリート アドベンチャーも展示しています。

スペーシア、XBEE共に、間もなく皆様にお届けできる予定です。


【スペーシア コンセプト、XBEEのビデオ上映】

【東京モーターショー2017】スズキ
【東京モーターショー2017】スズキ

このほか、四輪車ではキャリー軽トラいちコンセプト、キャビンが広く収納力を高めたキャリィの新しい形です。

続いては二輪車です。二輪車のステージには、SV650X、Swish、GSX-R125、この3台を参考出品車を展示いたしました。

SV650Xは、最新技術を用いたエンジンや車体に伝統的な外観を取り入れたネオレトロと呼ばれるカテゴリーのコンセプトモデルです。

Swishは上質な125ccのスクーターです。GSX-R125は、スズキのスーパースポーツモデルの象徴であるGSX-Rシリーズの流れを汲むスポーツモデルです。

【3台の二輪車のビデオ上映】


さらに会場内では、大型船外機をご紹介しております。スズキのスラッグシップモデル、DF350A。最大出力350馬力。先月、アメリカ、マリン工業会の技術革新賞を受賞致しました。

スズキは今後の技術開発の方個性として、3つの取り組みを掲げました。1つ目は、もっと気持ちよく、2つ目は、もっとスマートに、3つ目は、もっと安心安全に、です。

スズキの車を選んでいただいたお客様に、いつまでも安心して、楽しく車に乗っていただきたい。こんな想いから生まれたのが、スズキ・セーフティーサポートです。このスズキ・セーフティーサポートを、軽自動車から小型車まで幅広く展開していきます。

スズキは2020年に創立1001周年を迎えます。次の100年に向けて、私たちは電動化技術、環境技術、安全技術、情報技術など先進技術への取り組みを一層加速させます。

一方で、スズキが得意とする小さな車は、お客様がお求めやすい商品であることが大切です。

また、その小さな車に込められた技術は、今後需要が伸びていくアジア、アフリカを始めとする世界の自動車市場においても、十分活かせると考えています。

先進技術への取り組み、今ある技術のさらなる向上、その2点を磨き上げ、どのような時代を迎えようと機敏に対応し、常にお客様にワクワクを提供できる、そんな会社でありたいと思います。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

本日は、ありがとうございました。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives