ベントレー コンチネンタルGTの維持費は?

ベントレー コンチネンタルGTとは?

ベントレー コンチネンタルGT

ベントレー コンチネンタルGTは、ベントレー社の2ドア4シーター高級クーペで、コンチネンタルRの後継モデルです。現在、現行モデルは2代目で、間もなく3代目がデビューします。ここでは、熟成された2代目コンチネンタルGTを取り上げます。

コンチネンタルGTのセダン版がフライング スパーで、両車とも2002年から2016年までVW社のフラッグシップセダンであった、日本未導入のフェートンと車体やコンポーネントの多くを共有しています。

コンチネンタルGTのボディタイプは、クローズドクーペとコンバーチブルから選択でき、エンジンはVW製6.0L W12ツインターボ、またはアウディ社と共同開発した4.0L V8ツインターボが搭載されます。

ベントレー コンチネンタルGT 2017年モデルの主要スペック

■ボディサイズ・車両重量
 ●全長×全幅×全高:4,820mm×1,945mm×1,410mm
 ●ホイールベース:2,745mm
 ●車両重量:2,360kg

■エンジン
 ●種類:W型12気筒DOHC IC付ツインターボ
 ●総排気量:5,998cc
 ●最高出力:434kW(590ps)/6,000rpm
 ●最大トルク:720Nm(73.42kgm)/1,800rpm
 ●使用燃料:無鉛プレミアムガソリン

■走行メカニズム
 ●駆動方式:フルタイム4WD
 ●変速機:8AT
 ●サスペンション(前/後):ダブルウィッシュボーン/マルチリンク
 ●ブレーキ:四輪ベンチレーテッドディスク
 ●タイヤサイズ:275/40ZR20

■燃費
 ●市街地/郊外/混合:4.6/10.2/7.0km/L

ベントレー コンチネンタルGTの維持費を詳しく見てみよう

ベントレー コンチネンタルGT

燃料費

まず年間のガソリン代ですが、燃費を混合の7.0km/Lで考えた場合、年間5,000km走行すると必要な燃料は715Lとなります。

使用燃料はハイオクで、リッターあたり140円/L(2017年10月平均)なので、年間のガソリン代は100,100円となります。

税金・保険

日本の自動車税制度上、新車購入で重要なのがエコカー減税対象車かどうかですが、残念ながらベントレー車ではエコカー減税対象車はありません。

毎年納付する自動車税は、排気量が5,998ccなので88,000円。

自動車重量税は、車両重量が2,360kgのため2.5t以下に該当するので、61,500円です。こちらは車検時に納めます。

また日本では公道を走行するうえで、加入しなければならない自賠責保険は、25ヶ月で26,680円。これは乗用車なら外車でも、高級車でも同じ保険料です。

整備費用

ハイパフォーマンスカーを安心して運転するためには、毎年の点検は欠かせません。法定点検費用と車検費用をベントレー・ジャパン社に尋ねてみました。

法定点検費用は83,160円。車検費用は147,960円(内訳:整備費用105,840円、代行費用など42,120円)。ともにパーツ代は含んでおらず、車検費用には重量税・自賠責・印紙代が別途必要になります。

年間5,000km走行時の維持費は?

ベントレー コンチネンタルGT

年間5,000km走行したとすると、車検年の維持費は以下の通りになります。

■合計費用 425,340円~
【内訳】
 ●燃料費 100,100円
 ●自動車税 88,000円
 ●自動車重量税 61,500円
 ●自賠責(25ヶ月) 26,680円
 ●印紙代 1,100円
 ●車検時整備費用 147,960円~ ※パーツ代は除く

車検のない年の場合だと、

■合計費用 271,260円~
【内訳】
 ●燃料費 100,100円
 ●自動車税 88,000円
 ●法定点検費用 83,160円

いずれの場合もタイヤ交換やオイル交換、駐車場代などの費用は未計上。

目立つ外観の高級車なので、心無い人からのいたずらを避けるため、駐車場は自宅にビルトインタイプを用意するか、個別に保管してくれる駐車場を選びたいものです。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事