無意識にやっていませんか?ついやりがちな交通違反8選

①高速道路で車間距離を空けていない

高速道路 トンネル

予定の時間に遅れそうで、ちょっと急いでいたりすると、前走車との距離をつめるドライバーがいます。

当然ですが、高速道路での制動距離は一般道よりも長くなります。80km/h巡行で安全な車間を保つなら80m、100km/hなら100mは必要といわれます。

充分な車間距離を空けていない場合、「車間距離不保持」となり違反行為に該当します。

②後続車が追い抜こうとしたときに邪魔をする

車線変更

後続車が自車を追い越そうとしているときに速度を上げたり、幅寄せをして嫌がらせをした場合、「進路妨害」に該当します。なんとなく追い抜かれるのが嫌でやってしまっている人はいませんか?

追い越しをしようとしている車が後ろにいた場合は、スムーズな追い越しができるように、こちらも少し左に寄せてあげるなど配慮が必要です。

③追い越し車線を走り続ける

首都高速道路

高速道路で後ろが詰まっているのに、追い越し車線を自分のペースで走り続けている車をたまに見かけます。

通行帯が2つある高速道路では、左側は走行車線、右側は追い越し車線となっており、通常時は前者の走行車線を走行するのがルールとなっています。

不必要に追い越し車線を走行し続ける場合は、「通行帯違反」となり、取り締まりの対象となります。

「これって高速道路だけのルールでしょ?」と思う方もいるかもしれませんが、通行帯違反は一般道でも適用されます。高速道路ほど厳しく取り締まってはいないようですが、場合によっては違反となることも頭に入れておきましょう。

④高速道路でのガス欠

ガソリン

走行中のガス欠は、パンクなどと同じトラブルのひとつと思われがちですが、高速道路上でガス欠を起こした場合は、「高速自動車国道等運転者遵守事項違反」になることがあります。

高速道路を走行する際は、事前に燃料、オイル、冷却水などの点検が必要とされており、ガス欠はこの点検を怠ったものとみなされてしまいます。

またタイヤのパンクであっても、適正な空気圧に設定されていなかったなど、メンテナンスの不備があった場合は違反になることがあるので注意してください。

⑤むやみにクラクションを鳴らす

ステアリング

クラクションが使用できるシーンは、見通しの悪い道、標識で指定された箇所や危険防止でやむをえない場合など使用箇所は限られています。

歩行車や自転車が邪魔、前の車が遅いなど、自分勝手な理由でクラクションを鳴らすと「警音器使用制限違反」に該当します。

⑥対向車、歩行者がいるときのハイビーム、いないときの夜間のロービーム

夜間走行

対向車や歩行車がいる場合、ハイビームにすると自分は道が周囲が見えやすくても、相手は目がくらみ、事故を誘発する可能性があります。

ただし、夜間はハイビームが基本となっており、街中であっても対向車、歩行者がいない場合はハイビームにするよう努めなければなりません。

⑦サンダルやハイヒールでの運転

サンダルやハイヒールなど、アクセルやブレーキペダルを正確に操作できない履物を履いて運転すると「安全運転義務違反」に該当し、取り締まりの対象になります。

サンダルは「亀サンダル」と呼ばれるタクシー運転手などがよく履いているサンダルなどであれば運転時も認められていますが、ビーチサンダルなどラフなものでは基本的に運転してはいけません。

⑧高速道路で左側からの追い越し

追い越し車線の車が遅くて、つい走行車線から抜いてしまったことがある人はいませんか?じつはこれも違反行為です。

走行車線、追い越し車線が定められているように、他の車両を追い越すときはその車の右から追い越すのがルールです。厳密にいうと、左側からの追い越しは違反ですが、追い抜きであれば違反にはなりません。

この2つの違いは、追い越しは進路変更をして前を走っている車の前に出る行為。追い抜きは、進路変更なしで前を走っている車の前に出る行為です。

つまり追い越しにならないように安全な距離を保って進路変更をすれば、追い抜きとなり、違反にはならないというわけです。

少しややこしいですが、充分な距離を保っているかどうかが判断基準となります。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事