BMW X2も参戦!コンパクトSUV5選

BMW X2はどんな車になりそう?

BMW X2 カモフラージュ

BMWのXシリーズには、一般的なSUVスタイルの1、3、5と、クーペSUV的なスタイルの4、6が販売されています。解りやすくいうと、奇数モデルが一般的なSUV、偶数モデルがクーペスタイルです。

このパターンに則ってX2は、ルーフがリアエンドに向かってなだらかに傾斜するスタイルになっています。ベースはX1と予想され、駆動方式は、X1同様にFFとxDrive(4WD)の2種類で、エンジンもX1に準じたものになるでしょう。

ボディサイズに関しても、X1とほぼ同サイズになり、激戦のCセグメントSUVに投入されます。

では、そんなX2のライバルになるであろう車をピックアップしてみましょう。

X2のライバルは? ー輸入車ー

その1、アウディ Q2

ボディサイズは、全長がX1より短かいアウディQ2は、セグメントではひとつ下のBに属します。しかし、2017年日本導入という目新しさや新しいデザインエッセンスなど、X2のライバルとして十分な資質を備えたクルマといえるでしょう。

日本での販売価格は、299万〜405万円。輸入コンパクトSUVのエントリーモデルとして、良きライバルになりそうです。駆動方式はFFのみ。

その2、メルセデス・ベンツ GLA

ボディサイズは、BMWのX1系とほぼ同じで、新車価格もそれほど変わらないライバルが、メルセデス・ベンツ GLAクラスです。

駆動方式はFFと4WDが用意されます。通常モデルの新車価格は、398万〜513万円です。

このGLAラインナップの頂点には、792万円というプライスタグのついたGLA45 AMG 4MATICが存在します。こちらは、ハイパワーの2.0Lターボを積んだホットバージョンで、それにあわせて各部もチューニングが施されています。

BMWはこれに対抗する、X2Mなるモデルを用意するのでしょうか?

その3、プジョー3008

SUVはドイツ車だけのもではないということで、フランスから、プジョー 3008を紹介します。

ボディサイズに関しては、X1系とほぼ同じ。新車価格は357万円〜と、ややリーズナブルな設定です。ただし、全車FFモデルのみとなりますので、見た目重視のクロスオーバーSUVとなります。

デザインは、プジョーらしくコンサバ系でありながら、Aピラーからルーフラインを描くクロームのトリムラインなど、ドイツ車とは異なるエッセンスが散りばめられています。

このほか、フランスではルノー カジャー、シトロエンDS3、イタリアではフィアット500Xなどが、日本導入されています。

X2のライバルは? ー国産車ー

日本国内にも、コンパクトSUVモデルは多数存在します。ここでは、そのなかでも代表的なモデルを取り上げてみました。

その4、ホンダ ヴェゼル

日本国内において、2014年から3年間SUV販売台数ナンバーワンに輝いたモデル。海外では、HR-Vと名乗る、ホンダの世界戦略車です。

パワートレーンには、ハイブリッドとガソリンモデルがラインアップされ、駆動方式はいずれもFFと4WDが設定されています。

大きさは、X1系に比べるとひとまわり小さくなりますが、売り上げナンバーワンのモデルを無視するわけにはいかないでしょう。

新車価格は、ガソリンモデルが192万〜239万円、ハイブリッドモデルが227万〜288.6万円となっています。

その5、トヨタ C-HR

C-HRはホンダヴェゼルから、SUV売り上げナンバーワンの座を奪ったモデル。新車価格は、251.6万〜290.5万円となっています。

大きさ的にはX1系よりも、ひと回り小さなデザインですが、こちらもハイブリッドモデルがラインアップされます。

ただし、4輪駆動はガソリンエンジンモデルにしか設定されていないのが、惜しいところです。


以上5車種について、筆者の判断でライバルと設定し、比較してみましたが、他にもマツダ CX-5、スバル XVなど、このクラスはいまや群雄割拠。来年にもデビューが噂されているX2が、どのような戦いをみせるのか注目です。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事