センチュリーのタクシーがあるって知ってますか?

センチュリーの歴史

トヨタ センチュリー

初代センチュリーは、1967年に発売されました。1967年が明治100年と同時に、トヨタ自動車の創業者、豊田佐吉の生誕100年であったことから、センチュリー(世紀)と名付けられました。

センチュリーは、誕生から現在まで、国内専用車であり、おもに企業や官公庁の公用車・社用車として使われています。その後部座席の快適性は、群を抜くものがあります。

1997年、30年ぶりにフルモデルチェンジを行い、センチュリーは2代目となります。この2代目では国内唯一のV12エンジンが搭載され、他のVIP車とは一線を画する存在となっていましたが、2017年2月4日をもって販売を終了しました。

センチュリーのタクシーってあるの?

タクシー

そんなセンチュリーを使ったタクシーがあるといいます。その多くは個人タクシーです。

しかし、個人タクシーとはいえ、センチュリーです。固定顧客のための予約営業を、メインにしている場合が多いそうです。そのため、街中を走っていても回送表示となっていて、なかなか流しで捕まえることは出来ないと聞きます。

それでも運良く、センチュリータクシーに乗ることが出来たとしたら、快適な後部座席をしっかり満喫しましょう。

料金は、よほどの例外が無い限り、同じ地域の他のタクシーと同じ料金設定です。初乗り料金も、料金の上がり方も同じですので、安心して乗ることが出来ます。

新型センチュリーのタクシーもそのうち

東京モーターショー2017で披露される新型センチュリーは、2018年の春先に販売が開始される予定です。

そうなると気になるのは、新型センチュリーのタクシーですね。エンジンは、国産唯一のV12が廃止され、V8ハイブリッドになるので、エンジン音、静粛性がどうなるのかも気になります。

現行モデル同様に、タクシー使用可能モデルだと思いますので、いつの日か乗れる機会がくることを楽しみにしておきましょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事