お勧めの1台。流行のコンパクトSUV市場に投入されたアウディQ2

完成度の高さを感じるニューモデル

アウディ Q2

いま一番イケてるコンパクトカーに乗りたいのなら、アウディQ2は間違いなくベストな選択のひとつです。

なぜなら流行りのコンパクトSUVとして、良好な視界と押し出しのあるルックスを実現しながら、肝心な走りも極めて完成度が高いのです。

それもそのはずで、同じ一族であるA3とQ3の、まさに中間といえるキャラがQ2です。

サイズはQ3よりひとまわり小さく、しかしA3よりもショートホイールベース。よって後部座席の居心地はA3より劣るものの(とはいえ頭上はA3よりも広い。狭いのは足下)、その走りはキビキビとじつに気持ちが良いのです。

特に日本へ一番最初に導入された1.4TSFI「1st EDITION」は、足回りを固めたサスペンションで、18インチタイヤ(オプション)の突き上げを見事に吸収しながら、背の高いSUVがもたらすロールを絶妙に抑え、まるでホットハッチのように走ってくれます。

また1.4TSFIエンジンもQ3と同じ110kW(150ps)チューンが採用され(A3は122ps)、さらにトランスミッションは7速Sトロニック。これがQ3よりも130kg軽いボディに乗っかっているのですから、気持ちが良くないワケがありません。

ちなみにノーマルサス車は、1st EDITIONとは対称的にコンベンショナルな、アウディらしいしっとりと高級な味わいが印象的。しかし、Q2のキャラクターとマッチしているのは、キビキビ感のあるスポーツサスのほうではないでしょうか。

リアサスはトーションビームですが、車体の軽さとサスペンション剛性のバランスが良く、とてもFWDとは思えない安定性をストレートでもコーナーでも発揮してくれます。

廉価版とあなどれない1.0TSFI

アウディ Q2

1.0TSFI日本仕様も現地で乗った印象はとても良いものでした。

A1(95ps)よりもハイスペックな116psのパワーを発揮するエンジンは精密機械のようにしっかりと回り、決してパワフルとは言えないけれど着実にトルクを弾き出してくれます。

こんなに小さな3気筒エンジンにもアウディの技術力がぎっしり詰め込まれているかと思うと、走っていて本当に幸せな気分になります。

ミッションは1.4TSFIと同じ7速Sトロニックとなります。

最新でオシャレなコンパクトSUVならQ2がお勧め

アウディ Q2

アウディQ2は、コンパクトSUVをお洒落に乗りたいアナタには自信をもってお勧めできる1台です。

ポリゴン(多角形)を基調としたそのデザインは非常に挑戦的で、サイドの大きな6角形をしたプレスサーフェスなど、とんでもなくお洒落(そして、めちゃめちゃお金が掛かっている)です。

Q2は、これまでのコンサバティブアートなアウディ デザインの流れを一気に若返らせ、ポップアートにまで引き戻した感があり、おまけにカッコだけじゃない走りがきちっと備わっています。

ライバルは、ずばりミニ。ポップでパンチの効いた新しいアウディ。気になる方は、ぜひ試乗をしてみてください。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事