税金節約!普通自動車を8ナンバー化にすることのメリット・デメリット

8ナンバーとは?

パトカー

8ナンバーとは、特殊用途自動車に与えられるナンバープレートに記載される分類番号が8で始まるために、総称して8ナンバーと呼ばれています。分類番号とは、ナンバープレートの管轄支局の地名の横に表示される番号のことです。

8ナンバーには次の用途の車が分類されます。

・緊急自動車 (パトカー、消防自動車、救急車など)
・法定特例事業で使用する自動車 (給水車など)
・運搬用の自動車 (ごみ収集車など)
・患者等輸送用の自動車 (寝台車など)
・特殊作業用の自動車 (はしご車など)
・その他の特殊な用途に用いられる自動車 (キャンピングカーなど)

気をつけてみれば、8ナンバーはよく見かける車であることがわかります。そのなかで、個人で取得し使用できそうなのは、その他の特殊作業用の自動車であるキャンピングカーですね。

8ナンバー化によるメリット

8ナンバーの車検は2年毎です。4ナンバーや1ナンバーの貨物車をベースに8ナンバーに変更した場合、車検が1年から2年毎に変わります。そのため、毎年払う自動車税は、普通自家用車よりも安くなります。

【例】
自家用自動車
~1.0L     29,500円
1.0~1.5L 34,500円
1.5~2.0L 39,500円
2.0~2.5L 45,000円

特殊用途自動車(8ナンバー)
~1.0L     23,600円
1.0~1.5L 27,600円
1.5~2.0L 31,600円
2.0~2.5L 36,000円

重量税に関しても、普通自家用車と比較して安くなる傾向ですが、普通乗用車をキャンピングカーとした場合、設備で重量が増える可能性が高いので、一概に安くなるとはいえません。

8ナンバー化によるデメリット

初回から2年車検になるので、5ナンバーや3ナンバーの新車からの変更だと、初回車検まで1年短くなります。

また、キャンピングカーの構造要件を満たすためには、就寝設備、水道設備、炊事設備が必要です。これらにより車重が増えますから、対応するサスペンションが必要になります。

さらに、構造変更の手続きをしなければなりません。かなりの書類と複雑な手続きがあるため、かつての90年代のように容易に8ナンバーを取得することができなくなりました。

また車検時に必要な諸費用のなかで、自賠責保険などは高くなります。

キャンピングカーショー

全体的にみると、諸費用に関しては、メリット、デメリット含めて、大きな差は出ないようです。

強いて言うなら、構造変更するためのお金と労力がデメリットともいえますね。

8ナンバーは、キャンピングカーにどうしてもしたいという以外では、さほどメリットがないというのが現状です。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事