いまさらだけど…F1の速さが異常!GTと比較してみた

まさに「別次元」です

こちらの動画は、同じ場所にカメラを固定し、GTとF1の走りを録画したものを並べています。コースは、F1ベルギーGPや24時間レースが開催されるスパ・フランコルシャンです。

左半分がGT、右半分がF1です。右側のF1は、車が現れたと思ったら一瞬にして去っていきます。一方で左側のGTは、F1があまりにも速いので、のんびり見えてしまいますね。

車両がうまく判別できないので、車両の特定はできないのですが、このスパにおける今年のベストラップは、F1の1:42.55(Mercedes-Benz W08)、プロトタイプが1:53.66(トヨタ TS050)。対するGTカーは、24時間レースでの予選トップタイムが2:18.562(メルセデスAMG GT3)です。

つまり、そのスピード差が、そのまま映像に現れているというわけです。

いくらGTでも…

フェラーリ F1 (2017)

GTカーの能力が決して低いものではないのは、カーマニアであれば誰もがご存知なはず。それでもこれだけの差が出てしまうのです。

仮にですが、普通乗用車との比較であれば、もはや形容しがたい映像が繰り広げられることになるでしょう。

スーパーカーのホイールは20インチ、F1は13インチ…なぜF1はインチ数が低いのか?
F1マシンのステアリングはどう変化してきたか?1957年から2014年まで一挙紹介!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事