ケータハムの維持費っていくら?セブン270で調べてみた

日本で正規販売されるケータハムは?

もともとイギリスのバックヤードビルダーから始まったケータハム。生産台数は決して多くはないものの、個性的な車種を生産しています。

日本法人で正規販売しているセブンシリーズは、軽規格でスズキのエンジンを搭載する160、フォード製1.6L直4DOHCのシグマエンジンを搭載する270、同じくフォード製2.0L直4DOHCのデュラテックエンジン搭載の480S、さらにスーパーチャージャーを追加した620Rです。

今回は、シリーズで長年人気の270を例に、維持費を検討してみます。

ケータハム セブン270の燃料費

ケータハム セブン270

セブン270の燃料は、95+が指定されています。日本でいえばハイオクです。燃料タンクは36L。

燃費は公表されていませんが、米国仕様は平均で24.9mpg(10.58km/L)。年間に5,000km走行する場合、必要なガソリンは472.6Lとなり、ハイオク価格を140円/Lとすると、66,164円が燃料費となります。

ケータハム セブン270の税金・保険金

ケータハム セブン 270

自動車を所有すると課税されるのが、毎年の自動車税と車検時の自動車重量税です。

セブン270が搭載するエンジン排気量は1,596ccで、自動車税は3万9,500円。重量税は、車重が540kgのため1トン以下、2年乗用、継続車検で1万6,400円です。

自賠責は25カ月で2万6,680円。こちらは外車でも、国産車と変わりありません。

よって、毎年納める税金は3万9,500円、車検年は自賠責を合わせて8万2,580円になります。

ケータハム セブン270の整備費用

ケータハム セブン 270

自動車を購入したら、タイヤやエンジンオイルなど消耗品の交換や、整備費用が必要になります。ユーザーとして特に気を付けたいのは、タイヤとオイル交換です。

セブン270は、フロントエンジン・リアドライブのFR車。タイヤサイズは、前後とも185/60R14です。カー用品量販店で購入するのであれば、1本7,000~10,000円ほどです。

エンジンオイルについて、ケータハムの指定はありません。搭載エンジンはフォードのファミリーカー用エンジンなので、普通のオイルで十分とのこと。

しかし、サーキット走行を楽しむのであれば、相応の高性能オイルが必要となります。ディーラーで使用しているオイルは1,800円/Lで、4L必要なので、1回のオイル交換費用は工賃含め8,000円程度になりそうです。

法定点検などの整備費用は、ディーラーでは5万円ほどで、エンジンオイルの交換も含みます。セブンシリーズは軽量なため、ブレーキパッドやタイヤの負担が小さく、ライフが長くなります。そのため、消耗品交換は頻繁に行う必要がなく、法定点検費用が安価になるようです。

次ページ年間5,000km走行時の維持費は?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事