新東名、最高速110キロに!引き上げによるメリットとは?

高速道路の最高速度は120km/hにする予定だった?

首都高速道路

2016年3月、警察庁は高速道路の最高速度を120km/hに引き上げる方針を固めました。その後、同年10月の発表で、新東名高速と東北自動車道の一部区間で、110km/hへの引き上げを試験的に2017年より行うと発表。

2017年11月1日から、新東名の新静岡IC〜森掛川IC間(約50km)の上下線で、最高速度が試験的に110km/hに引き上げられます。

また新東名と同時に発表された東北自動車道の一部区間(花巻南IC〜盛岡南IC)についても、一部報道で今年度中の施行が発表されています。

110㎞/h制限は、最低でも1年間は運用し、実際の運転速度や事故状況などのデータを収集し、最高速度引き上げの段階的実施や、最高速度120km/h引き上げの検証を行います。

今回の最高速度引き上げは、最高速度120km/hに向けた最初のステップに過ぎないのです。

110km/hで走行してもよい自動車

新東名、新静岡IC~森掛川IC間で110km/h走行が認められるのは、現在最高速度が100km/hと規定されている車両です。大型バスなどの大型乗用自動車、マイクロバスなどの中型乗用自動車、中型貨物自動車、冷蔵・冷凍車やパワーゲート付きトラックなどの準中型自動車、普通自動車、軽自動車、125cc以上の自動二輪です。

大型貨物車やトレーラーは、高速走行時に事故を起こすと重大事故に繋がる怖れがあるため、最高速度は従来通り80km/hのまま。通行区分規制により、20〜30km/hの速度の違いを解消し、安全な高速運行を目指すとしています。

海外の高速道路の最高速度は?

アウトバーン

海外の高速道路では、100~130km/hという制限速度が多いようです。

ドイツのアウトバーンには速度無制限区間と速度制限区間があり、運行奨励速度は130km/h。速度制限区間は、場所により80、100、130km/hがあります。ただし近年ではEC諸国の高速道路と連結し乗り入れる車両も多いことや、工事などによって渋滞が多く発生しています。

隣国では、フランスが通常時なら130km/h、免許取得2年以内や雨天など天候不良時には110km/h。イタリアのアウトストラーダも130km/h(法律上は150km/hまで認可可能)です。

アメリカの州間高速道路の最高速度は、各州により異なります。カリフォルニア州の場合、ロサンゼルス市内は55mph(約88km/h)、郊外は65mph(約105km/h)、砂漠や田園地帯は70mph(約112km/h)です。

自動車の性能が向上したにも関わらず、各国の高速制限速度が100~130km/hに制限されるのは、資源、排出ガス、騒音、道路補修、交通事故の重大さなどの諸問題を勘案した結果です。

最高速度引き上げのメリット

最高速度の引き上げは、どのようなメリットを生むのでしょうか。利用者の立場で考えられるメリットは、通行時間の短縮です。最高速度110km/hなら、100km先の目的地まで55分…あまり大きなメリットではなさそうですね。

NEXCOの立場で考えたら、高速道路の使用頻度の上昇と通行料の増収が期待できます。合法で100km/h以上の速度で運転できるのなら、1度は体験してみたい運転者は多いのでは?

国家の立場では諸外国の高速事情に準拠することで、訪日外国人が高速道路を運転する際、出身国と大差ない移動時間を提供できます。訪日外国人専用のJapan Expressway Passが、2017年10月13日から発売されることもあり、大都市圏だけでなく地方でもインバウンドが期待できますね。

この記事をシェアする

最新記事